FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
キングダム 見えざる敵
 世界有数の石油産油国であり、サウド王室による君主制の王国サウジアラビア。宗教はイスラム教ワッハーブ派が国教である。王室は石油メジャーの関係で親アメリカである。そのため、こうした石油会社関係の外国人の居住区が存在する。しかし、こうした異教徒の存在を苦々しく思う勢力もいる。こうした連中はアルカイダとも連携している。ちなみに、9.11事件でも、犯行グループの大半をサウジアラビア出身者がしめ、ウサマ・ビンラディンもサウジの出身だ。こうした背景の下、首都リヤドで休日に家族でソフトボールに興じる外国人居住区で国家警察の制服を着た連中による銃の乱射と自爆テロが敢行された。現場には事態収拾のため、救急車をはじめ消防車などが駆けつける一方、被害を受けたのがアメリカ人ということもあり、FBI捜査官や医療関係者も集結していた。この一報がサウジからFBI捜査官ロナルド・フルーリーに入った。しかし、この電話をかけてきた同僚は、時間差爆弾によって、死亡。現場は死傷者300人を越える大惨状を呈していた。フルーリーはすぐに現地に行きたいとFBI長官に申し出るが、国務長官たちの反対にあう。しかし、フルーリーは駐米サウジアラビア大使に会い、強引にサウジ入国を認めさせる。すぐに、法医学捜査官のジャネット、爆発物の専門家サイクス情報分析官のレビットらとともにフルーリーはサウジに飛んだ。出迎えたサウジ国家警察アル・カージ大佐は捜査に当たって様々な制約をおこなうことを表明。4人は国家警備隊の体育館にベッドを並べたところに押し込まれてしまう。しかし、彼らは捜査に関してはプロであり、着々と成果をあげる。そして犯行グループはアルカイダ系のアブ・ハムザを首謀者とするということもわかった。そして、実行犯を割り出し、そこを国家警備隊とともに急襲した。そして、その帰途突然テロ部隊に襲われてしまう。
 9.11以降対テロ戦争を標榜し、アフガン侵攻さらにはイラク戦争へと突き進んできたアメリカ。日本でもインド洋上での給油について、新法も含めての議論が再燃している。しかし、事態はさらに混沌としてきている。アフガンすら、かつてのアルカイダが勢力を盛り返しており、イランの動向もまた予断を許さない。こうした背景には、イスラム対欧米のキリスト教国といった状況と石油という資源も絡み出口が見えなくなっている。このような社会的背景を使って作品で、カーアクションシーンも含めなかなか見応えがあった。しかし、やられたらやり返せという報復の連鎖は止まるところ知らない。

監督:ピーター・バーグ
出演:ジェイミー・フォックス 、 クリス・クーパー 、 ジェニファー・ガーナー
2007年米映画  上映時間110分
スポンサーサイト



テーマ : キングダム/見えざる敵
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31