FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リリーのすべて
 1926年のデンマークで、画家のアイナーとゲルタ夫婦は、ともに絵を描いて生活していた。故郷の風景を主に描いていた夫アイナーは肖像画を得意とするゲルタより先に認められていた。ゲルタも友人のバレリーナのウラを描いた大作に取り組んでいた。モデルの到着が遅いので、アイナーにストッキングを穿きドレスを羽織りモデルになるように頼むゲルタ。しかし、女性の格好をすることで、アイナーは衝撃を受ける。内なる女性の人格に目覚めたのだった。さらに、舞踏会にゲルタとともに女装し、アイナーの従姉妹のリリーと名乗り参加した。すると、そこで一人の男性ヘンリクに言い寄られ、キスをしてしまうリリー。その場面を目撃したゲルタは驚きのあまり動揺する。しかし、一度気づいた内なる欲求は抑えられず、なじみの劇場の衣装部屋に入り、裸の自分を映して恍惚となるリリー。そんな夫の行動に動揺はしたものの、ゼルタはリリーの姿を絵にする。書きためた絵を画商に見せると、好評で個展を開催する。この成功をきっかけに夫妻はパリに行く。そこでも、リリーは女性の所作を身につけるべく観察をしてまわる。ゼルタはアイナーの幼なじみで画商として有名なハンスと会う。そして、彼を伴って夫妻のホテルに招く。しかし、そこにはアイナ-ではなくリリーがいた。ある日、アイナーが町で男二人に絡まれ、ボコボコに殴られハンスの元に駆け込む。全てを知ったハンスは医者を紹介してくれる。しかし、医者たちはアイナーが「精神分裂症」「性倒錯」といった診断をしてしまう。最後にドイツのウォーネクロス教授と面談し、世界で初めての性別適合手術をおこなうことを決意するリリー。リリーを支えるゼルタとハンスの手厚いフォローによって、第一段階の性器除去手術は成功する。しかし、そこで止まらず、第二段階の手術を受ける決意を固めるリリー。
 現在のようにLGBTという概念がなく、現在に至っても差別と偏見が一般的に支配しているが、1920年代にこうした手術を受けたということに驚いた。リリーはこうした概念から言うとトランスジェンダーということになるという。でも妻として変わらぬ愛を貫いたゼルタの思いは複雑だっただろう。それにしても、リリー役のエディ・レッドメインは昨年のホーキング博士役に続いて、またしても難役を見事にこなしている。さすが役者と言いたい。


監督:トム・フーパー
キャスト:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード

2015年米・英・独映画           上映時間:120分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。