FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
ピエロがお前を嘲笑う
 ドイツのハッカー集団CLAYの一員だったベンヤミンはユーロポールに自首し、ハンネ捜査官の取り調べを受けるところから物語は始まる。彼は14歳の頃からハッキングの技術を磨き、MRXという伝説のハッカーに憧れていた。大学に入ると、かつて片思いの同級生マリに偶然出会った。彼女が進級試験に悩んでいるのを知ったベンヤミンは試験問題を盗み出そうと、大学に忍び込むが、警備員に見つかり捕まってしまった。初犯ということもあり、50日間の社会奉仕活動を命じられたベンヤミンは、その活動中にマックスという男と知り合った。彼はベンヤミンと違い自信をもって奔放に生きていた。マックスはハッカーとして2人の仲間と活動していた。そこに、天才的なハッキング技術を持ったベンヤミンが加わり、CLAYを名乗ることにした。彼らはベンヤミンを中心にドイツ国内のあらゆる企業にハッキングをしかけて成功する。彼らはマスコミにも取り上げられ、一躍有名人となった。しかし、CLAYのことは当然MRXも知っているはずなのに、こちらはまったく無視されていた。そこで彼らは、MRXの関心を惹くためドイツで一番セキュリティが高い連邦情報局のハッキングに成功した。その際、ベンヤミンが自らの技術をMRXに示したくて、ある情報を盗み、MRXに示したのだ。しかし、それはMRXによってロシアのサイバーマフィアに売られ、その結果一人のハッカーの死を招き、CLAYが犯人であるかのように報道されてしまった。そこでユーロポールによる捜査が入ることになった。それでも、ベンヤミンは単独でユーロポールにハッキングする。しかし、その結果今度は、ベンヤミン以外のCLAYのメンバー3人が殺されてしまう。こうして、次は自分が殺されるのではと恐れて、自首したのだという。こうして、経緯をハンネ捜査官に語ったベンヤミンだった。そこで、彼はユーロポールに協力し、MRXの逮捕への仕掛けをおこなった。その結果、新しい名前を獲得して新たな人生を送ることになった。ところが、ハンネ捜査官はベンヤミンの供述に疑問を持ち、彼の証言の裏を取るのだった。
 果たして、真実はどこにあるのか。最後のどんでん返しが待っていた。
 小気味のよいラストなのだが、ただハンネ捜査官の判断があの通りになるのかはちょっと疑問だ。いくら、MRXは脅威であったとしても、CLAYのベンヤミンもまた、強力なハッカーには違いないのだから、そうそう簡単に自由にはしないのではなかろうか。ともあれ、ハリウッドでのリメイクもされるということなので、そちらも期待したい。
 

監督:バラン・ボー・オダー
出演: トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、ハンナー・ヘルツシュプルンク、シュテファン・カンプヴィルト、トリーヌ・ディルホム

2014年独映画                                         上映時間:106分
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30