FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリッジ・オブ・スパイ
 1957年米ソ冷戦の最中、両国は互いにスパイ活動を活発化させていた。アメリカで活動していたソ連の諜報員アベルは、ブルックリンでCIAに自宅で逮捕された。しかし、逮捕直前に証拠品をうまく処分していた。その後の取り調べでも、彼は自白はしなかった。そして、彼の裁判が始まることになる。彼の弁護士としてドノヴァンが指名された。彼は現在では、保険関係の仕事を中心に弁護活動を行っていた。世間では、明日にもソ連から核攻撃があるのでは、という不安が渦巻いていた。そんな中で、あえてドノヴァンは弁護を引き受ける。それは、ソ連に対して、アメリカは公正な裁判をおこなう事を知らしめることが重要だと考えたからだった。そして、周辺ではソ連のスパイは死刑にするべきだという声が強かった。しかし、ドノヴァンは公平に弁護し、あえて死刑にすべきではないと訴えた。結果、アベルの死刑は回避された。ところが、彼を弁護したということで、ドノヴァンの家を銃撃する者まで現れた。結果、パワーズは懲役30年の刑で服役することになった。
こうした一方、アメリカはペシャワールの航空基地からソ連にU-2偵察機を飛ばそうとしていた。その際、パイロットたちには最新式の高性能カメラで目的地の撮影をおこなうよう命令。ただし、敵に発見された場合、機体は爆破し、パイロットも自決用の薬を飲むようにという厳命が出されていた。その最初の任務についたパワーズはソ連の上空に入り目的地にむかっていた過程で高射砲の攻撃を受けた。自爆装置に手をかける前に、U-2機は撃墜され、パワーズもパラシュートで脱出するのが精一杯だった。そして、地上でソ連軍に逮捕されてしまった。パワーズは連日ソ連のKGBに厳しく尋問されていた。
 一方、東ドイツの中にあるベルリンは東西の緊張のなか、西側をすべて壁で囲むという行動にでた。当日、米の学生プライアーは東ベルリンにいる彼女に会うために中に入った。しかし彼が、彼女とともに西ベルリンに行こうとすると、すでに壁は完成していてプライアーは東ドイツ軍に逮捕されてしまった。こうした事態があったなかで、獄中のアベルに東ドイツから彼の妻を名乗る手紙が届く。それは、パワーズとアベルの交換を示唆していた。CIAはアメリカが東ドイツを正式に国家として承認しておらず、そうしたなかで米がこの交換に表向き関与できないということで、再びドノヴァンに交渉役を打診してきた。こうして秘密裏に西ベルリンにむかった。まだ、戦災の被害も残る東ベルリンでの交渉は、とにかく厳しいものだった。そんな中、ドノヴァンはアベルとパワーズとの交換に東ドイツも巻き込んでパワーズもこの交換に加えるよう要求するのだが。
 この後に起こるキューバ危機も含め、まさに東西冷戦のまっただ中の話。東ベルリンに残る戦災で倒壊したビルが、そこかしこに点在し、世情も安定していない様子が、うまく活写されていた。多民族国家アメリカで、アメリカ人と定義するのは米憲法だといい、対立するソ連のスパイを法で裁くというあたりは共感できた。先の「黄金のアデーレ」でも法が機能していたと思った。いっぽう、日本では選挙制度についても一票の格差について、憲法違反という判断をしながら、選挙無効まで踏み出せない。さらに他の事件においても、99.99パーセントの有罪率の根本は、この国の司法の有り様を示しており、情けなく思ってしまう。ともあれ、スピルバーグならではと思ってしまった。


監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、
スコット・シェパード、エイミー・ライアンン、
セバスチャン・コッホ


2015年米映画             上映時間:142分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。