FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キングスマン
  イギリスの独立スパイ機関「キングスマン」は、17年前に中東での任務中に一人のエージェントが犠牲になり、他のメンバーを助けた。その時の上司だったガラハッドことハリーは部下の死を悼み、家族の元に報告に行く。残された妻は涙に暮れる。帰り際、ハリーは遺児のエグジーに「助けが必要な時は、メダルに書かれた電話番号に電話するよう」にと合い言葉を教えて帰途についた。17年後のロンドンでは、成長したエグジーは、母が再婚した男は町の悪のボスで、酷い扱いを受けていた。そこで、この男の手下の車を無断で乗り、事故を起こした。警察に連行されたエグジーは、メダルに書かれた電話に連絡する。すると、ほどなく釈放された。警察の前には、ハリーが立っていて「勇敢だった君の父が今の君をみたら、志望するに違いない」という。その話をしていた店には、車を壊された男の仲間がいて、エグジーを取り囲む。そこへハリーが立ちはだかり、あっという間に彼らは撃退してしまう。それを見た、エグジーは、すっかりハリーに魅せられてしまう。たまたま、キングスマンでは、一人のエージェントが任務中に死亡してしまい、後任捜しをおこなっていた。そこで、ハリーはエグジーを推薦する。集まったのは、有名大学を卒業した上流階級出身者ばかりだった。そして、エージエントとして生き残るための、様々な訓練とテストがおこなわれた。彼らはふるいにかけられ、最終試験まで残ったのは、エグジーとロキシーだった。しかし、最後の関門でエグジーは残れなかった。一方、大富豪のヴァレンタインは、過激な環境保護の思想を持っており、過剰な地球上人口を減らそうと考えていた。そのため、世界中の著名人を彼の意のままに動かせるようにするため、耳の後ろにチップを埋め込んでいた。また、ほとんどの人にSIMカード無料で配布しインターネット等の通信費もフリーにした。
これも、ヴァレンタインの企てで、配布されたSIMカードによって大衆を互いに殺させるという暴挙にでた。この事件の調査中、ハリーは殺されてしまう。そこで、エグジーはキングスマンの本部に赴く。本部の責任者アーサーに会いに行く。しかし、アーサーもヴァレンタインに取り込まれていた。そして、彼に殺されそうになるが、逆に彼を倒し、残ったキングメンのロキシーと教官だったマーリンとともにヴァレンタインの計画を阻止するため、彼らの本拠地に乗り込むのだった。
これまでのスパイ映画を継承し、パロディとして描かれている。若い主人公を取り巻く、コリン・ファースやマイケル・ケインなどが画面に出ているだけで、作品を引き締めていた。細かな突っ込みどころはあるものの、なかなか面白かった。

監督:マシュー・ボーン
出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィー・クックソン、サミュエル・L・ジャクソン

2014年英映画    上映時間:129分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。