FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天空の蜂
 1995年8月8日、錦重工業小牧工場で製造された大型ヘリコプター(通称ビッグB)が自衛隊への納入セレモニー予定されていた。このヘリの設計を担当した湯原と山下はそれぞれ家族とともに早めに現場にいた。すると、湯原と山下の子どもが密かにビッグBに乗り込み操縦席に座った。ちょうどその時、ヘリのエンジンが起動し格納庫の扉が開き、動きだした。それを見た湯原は駆け出し、山下の子は離陸直前に飛び降りて無事だったが、湯原の息子高彦はへりに取り残された。ビッグBは遠隔操作で、福井県敦賀に向けて飛行する。そして、高速増殖炉原発「新陽」の真上でホバリングを始めた。そこへ「天空の蜂」と名乗り、政府に「日本国中の原発を直ちに破壊せよ」というメッセージが届く。8時間後に燃料切れになり、「新陽」に墜落するというのだ。湯原たちは敦賀に飛び、現地対策本部に合流する。そこには、警察、消防隊、自衛隊さらには新陽の設計を担当した錦重工業の三島らがいた。しかし、とにかく子どもの救出がなによりも急がれる。そこで、自衛隊のヘリを使い、高彦の救出作戦が展開され、何とか成功する。一方、警察は地元で元原発作業員の死を労災認定するように、活動する運動団体の捜査からはじめる。そこで、有力な人物を突き止める。容疑者は元自衛官でラジコン操縦のできる雑賀だとわかる。彼の確保にむけ、地元警察が動くが、自衛隊もまた彼の確保に向かい合同で雑賀のアジトに突入する。しかし、その際、彼が持っていた遠隔操作用のコントローラが壊れてしまう。刻一刻と燃料切れの時間が迫る。こうしたなかで、雑賀以外にも容疑者や協力者がいることもわかってくる。湯原は全力でビッグBの航路の変更にむけ全力をつくす。
 原作は20年前に書かれていて、チェルノブィリの事故後のこと。そして、高速増殖炉もんじゅがの運転が迫った頃だ。名称も茨城県に作られた日本最初の高速増殖炉「常陽」からとっていると思われる。最後の場面で犯人が、原発をの怖さを知りつつも、無関心な国民の有り方に変化を起こそうとしたことが動機だとつぶやく。さらにおまけで、3.11の救援場面も挿入されているが、この3.11こそ原発の怖さ、不必要性が満天の下に明らかにされ、今日に至っている。それは、小説での訴えをなど遙かに及ばないほどリアリティに満ちた現状を露呈したからだ。これ以降、映画にも描かれている政府と一体の旧「動力炉・核燃料開発事業団」など原子力ムラに巣くう連中による、一旦は日本国中の原発が止まったが、原発再稼働へのなりふり構わぬ策動により、薩摩川内原発が稼働してしまった。こうした現状を振り返って見るためにも、単なるアクション映画を越えて観る価値はあると思う。


監督:堤幸彦
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、竹中直人、石橋蓮司

2015年日本映画          上映時間:138分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。