FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャッピー
 2016年南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグでは犯罪が多発し、治安が悪化して多くの警官が殉職するといった事態に悩まされていた。そこで、政府は警官ロボットを世界に先駆けて導入した。この警官ロボットの設計者ディオンという若い技術者で、これらのロボットは人工知能(AI)を備えられ」、悪の掃討作戦は成果を上げていた。しかし、会社側からはそんなものはいらないと拒否されたので、密かに廃棄処分のロボットを持ち帰ることにした。一方、警察ロボットに急襲されたギャング団の一味ヨランディとニンジャとアメリカは、何とか逃げることはできたが、大ボスのヒッポからは金を上納しなければ命はないと脅されていた。3人組のヨランディは、ロボット警官はリモコンで操作されていると思い込み、開発者のディオンを誘拐するようにニンジャに提案する。それで誘拐されたディオンは、ニンジャたちのアジトに連れて行かれた。そこで廃棄ロボットに新しいAIをインストールして、リモコン操作などしていないことを証明する。すると、動き出したロボットは言葉を話し、いろいろと学習していく。その様子にヨランディは母性を呼び起こされ、ロボットをチャッピーと名付けるのだった。一方、ディオンはチャッピーに善悪の概念を教える。だが、ニンジャはチャッピーをギャングにしようと働きかける。こうして、チャッピーの成長が始まる。しかし、廃棄寸前だったチャッピーのバッテリーは4日しかなく、様々な葛藤が展開される。ニンジャの新しいロボットの身体を買ってやるという言葉に乗せられ、チャッピーはニンジャたちの強盗に荷担させられる。そして、ディオンに反感を持っていたムーアによって、警官ロボットが強制停止させられた。それによって、町中のギャングが活動を開始した。すると、ムーアの設計した人間の脳波で動く巨大ロボットが始動する。ディオンは、チャッピーを始動させ、ムーアのロボットと対決する。さらに、そこにはニンジャたちと大ボスのヒッポたちとの戦いも展開する。そして、意外な結末を迎えるのだった。
 映画「her」でのAIは、自立したAIがネットに繋がり自らをより多くの情報を収集し吸収していく。一方、「トランセンデンス」では人間の脳をコンピューターにデータとして移していくという状況が描かれた。ただ、本作では、感情までもロボットのハードディスクにAIとしてインストールするといったものだ。ただ、この作品では、人間の子どものように学習しながら様々な技能、知識、芸術性などを獲得していく。ここが画期的に違った。そうは言っても、現実にはihoneやWindos10にもAIが組み込まれていようだ。こうした人間の制御がされないAIはかのホーキング博士が指摘しているように、人間を凌駕する可能性を秘めているのは、間違いようだ。こうした点はあまり触れず、子育ての環境などにスポットをあてて描かれているようだ。
 

監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー、ヒュー・ジャックマン、デーヴ・パテール、シガニー・ウィーバー

2015年米映画                 上映時間:120分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。