FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
0.5ミリ
 介護ヘルパーの仕事をしている山岸サワは、派遣先の片岡家でもうおじいちゃんの先行きがあまりなさそうなので、最後に一度だけ添い寝をしてやって欲しいと頼まれる。家には雪子と父親昭三、息子のマコトの3人家族だった。夜サワは昭三の布団の隣で寝た。すると、すっかり性欲に支配されて、サワに襲いかかる。すると、石油ストーブを蹴飛ばし火を出してしまう。慌てて、雪子を呼ぶが,彼女は首を吊って自死していた。サワはこの件で会社を解雇されてしまい、住むところもなくなった。そこで、町で知り合った高齢のじいさんのところを転々とする。最初は、孤独な生活から自転車を盗んだりタイヤに穴を開けたりしていた。そこに、転がり込んだサワはこの孤独な老人茂が詐欺にあおうとするのを助ける。結局、茂は介護施設に入居することになり、お礼に彼から117クーペをもらった。次に、元教師の真壁義男の家に転がり込んだ。彼には寝たきりの妻静江がいた。彼女のケアは通いのヘルパー浜田が世話をしていたが、サワが静江の面倒も見ながら、義男の身の回りの世話もするのだった。しかし、あまりに義男がサワに傾倒するので、義男の姪の久子に連絡をとるのだった。そして、再び家をでたサワは片岡マコトと再会する。現在は実父の健と同居していた。そこで、サワはそこに入り込むことになる。すると、父とそりの合わないマコトのある秘密が暴露される。こうして新たな展開を迎える。
 上映時間196分という3時間超えの長さである。しかも、主役は安藤サクラ、彼女の義父・柄本明、同じく義母・角替和枝も共演している。さらに監督は安藤桃子ということで、ファミリーの勢揃いといった感じだ。ただ、エピソードが長すぎるという思いはある。坂田利夫とのからみはもう少し短くし、津川雅彦とのからみも短く出来るのではないだろうか。そして、マコトが性同一性障害という状況までも盛り込んでしまったのも長くなった一因だろう。たんたんと高齢者の介護をするサワの事情は、出身が長野と言うことぐらいでほとんど説明されないものの、内容は安藤サクラの好演もあって、なかなかよかった。
 

監督:安藤桃子
出演:安藤サクラ、津川雅彦、坂田利夫、柄本明、角替和枝、木内みどり、浅田美代子、草笛光子

2014年日本映画      上映時間:196分
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -