FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソロモンの偽証
 1990年12月クリスマスの朝、その日は東京に大雪が降っていた。城東第三中学校2年A組の学級委員・藤野涼子と野田健一の二人はウサギに餌をやるため始業時間前に登校した。すると、そこで雪に埋まって死んでいた同じクラスの柏木卓也を発見する。警察は自殺と断定。すると藤野や学校宛てに「告発状」が届く。それによると、柏木の死んだその夜の屋上には、大出俊次ら3人の「不良」たちがいて、彼らによって屋上から突き落とされたというものだった。藤野の父は刑事をしており、このことを相談する。一方、学校でも校長の津崎正男は担当刑事佐々木礼子と協議しカウンセリングという名目で告発状を書いた生徒を探すのだった。すると、この告発状を送ったのは、三宅樹里と浅井松子の二人が共謀したのではないか、ということが分かった。それというのも、彼女たちは大出たちに虐められていたからだった。すると、クラス担任の森内に送られた告発状が破られて捨ててあったということが、マスコミに知られてしまう。そこで、マスコミは森内の取材や大出の身辺を取材して回っていた。そして、柏木の葬儀の日見知らぬ生徒の姿があった。そして、森内は教師を辞め、藤野たちは3年生に進級した。それで藤野たちは、柏木の死の真相を知りたいという思いが募っていた。そこで、藤野は学校内で裁判を開き、柏木の死の真相を明らかにしようとする。藤野は、旧2年A組の生徒を中心に裁判関係者を決めていき、判事には成績優秀な井上康夫が選ばれた。藤野は検察官ということになり、被告は大出で彼の弁護人として、柏木の小学校時代の友だちだった葬式に出ていた神原和彦がなるということになった。しかし、告発状が三宅樹里と浅井松子の二人が書いたのではないかという噂が広まり、三宅は不登校になり、失語症になってしまう。さらに、ある夜三宅の家へ行こうとした浅井が、交通事故で死んでしまう。
 こうして、藤野たちが3年生の夏休み、裁判がはじまった。裁判は陪審制でおこない、罰することはしないという内容だった。そして、裁判のなかで、柏木にかけられた電話の記録から、複数の公衆電話から電話したことが判明した。そして意外な事実が次々にわかってきた。最後に、柏木の死の真相が明らかにされる。
 原作が長編ということもあり、本編も前後編ということになった。けっこうアップが多用されていたのと、映画にしなければならないという理由があまり見えなかった。もっとも、コミック原作のどうでもいいような邦画が数多く作られている中では、やむを得ないのだろうか。それでも、主役の藤野涼子はなかなか健気でよかった。ただ、他の同級生役の子と比べるとうんと大人感が漂っていたと思う。それでも、十分評価できる。映画の方は城東第三中学校に教師として戻ってくるのは尾野真千子扮する藤野涼子だが、原作では野田健一とい設定になっているものの、映画的にはこれで正解だと思った。


監督:成島出
出演:藤野涼子、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、小日向文世、尾野真千子


2015年日本映画              上映時間:121分(前篇)、146分(後篇)
 1990年12月クリスマスの朝、その日は東京に大雪が降っていた。城東第三中学校2年A組の学級委員・藤野涼子と野田健一の二人はウサギに餌をやるため始業時間前に登校した。すると、そこで雪に埋まって死んでいた同じクラスの柏木卓也を発見する。警察は自殺と断定。すると藤野や学校宛てに「告発状」が届く。それによると、柏木の死んだその夜の屋上には、大出俊次ら3人の「不良」たちがいて、彼らによって屋上から突き落とされたというものだった。藤野の父は刑事をしており、このことを相談する。一方、学校でも校長の津崎正男は担当刑事佐々木礼子と協議しカウンセリングという名目で告発状を書いた生徒を探すのだった。すると、この告発状を送ったのは、三宅樹里と浅井松子の二人が共謀したのではないか、ということが分かった。それというのも、彼女たちは大出たちに虐められていたからだった。すると、クラス担任の森内に送られた告発状が破られて捨ててあったということが、マスコミに知られてしまう。そこで、マスコミは森内の取材や大出の身辺を取材して回っていた。そして、柏木の葬儀の日見知らぬ生徒の姿があった。そして、森内は教師を辞め、藤野たちは3年生に進級した。それで藤野たちは、柏木の死の真相を知りたいという思いが募っていた。そこで、藤野は学校内で裁判を開き、柏木の死の真相を明らかにしようとする。藤野は、旧2年A組の生徒を中心に裁判関係者を決めていき、判事には成績優秀な井上康夫が選ばれた。藤野は検察官ということになり、被告は大出で彼の弁護人として、柏木の小学校時代の友だちだった葬式に出ていた神原和彦がなるということになった。しかし、告発状が三宅樹里と浅井松子の二人が書いたのではないかという噂が広まり、三宅は不登校になり、失語症になってしまう。さらに、ある夜三宅の家へ行こうとした浅井が、交通事故で死んでしまう。
 こうして、藤野たちが3年生の夏休み、裁判がはじまった。裁判は陪審制でおこない、罰することはしないという内容だった。そして、裁判のなかで、柏木にかけられた電話の記録から、複数の公衆電話から電話したことが判明した。そして意外な事実が次々にわかってきた。最後に、柏木の死の真相が明らかにされる。
 原作が長編ということもあり、本編も前後編ということになった。けっこうアップが多用されていたのと、映画にしなければならないという理由があまり見えなかった。もっとも、コミック原作のどうでもいいような邦画が数多く作られている中では、やむを得ないのだろうか。それでも、主役の藤野涼子はなかなか健気でよかった。ただ、他の同級生役の子と比べるとうんと大人感が漂っていたと思う。それでも、十分評価できる。映画の方は城東第三中学校に教師として戻ってくるのは尾野真千子扮する藤野涼子だが、原作では野田健一とい設定になっているものの、映画的にはこれで正解だと思った。


監督:成島出
出演:藤野涼子、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、小日向文世、尾野真千子


2015年日本映画                    上映時間:121分(前篇)、146分(後篇)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。