FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チスル
 1948年戦後の朝鮮では、北には金日成率いる北朝鮮労働党が勢力を伸ばしていた。これとともに済州島では南朝鮮労働党とともに島民が蜂起した。これに対して、在朝鮮アメリカ陸軍司令部の支配下にあった軍政庁南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察らが済州島に上陸し島民の鎮圧に着手した。そこで、ひとまず鎮圧をおこなった後「海岸線5kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、無条件で射殺せよ。」という命令がだされた。島民たち数軒の家族たちは、真冬に村から避難してクンノルケと呼ばれている洞窟に逃げ込む。一方、韓国軍の兵隊たちは、上官がやたらに威張りちらし、新兵を裸にして雪の上に立たせている。村人の一人は韓国軍から米国製のライフルを盗んで持っていた。食料といえば、わずかなチスル(ジャガイモ)ぐらいしかない。韓国軍の追跡に、一人の少女が捕まる。彼女は逃げている家族たちの娘だ。そして彼女は強姦されてしまう。そのどさくさに、新兵が脱走しようと二人で相談する。そして、逃げる際に、一人は撃たれながらも脱出するが、少女は流れ弾に当たり死んでしまう。それは、偵察に来ていた少女に思いを寄せる家族たちの一人が目撃する。さらに、村に単身残してきた老婆も韓国軍に刺殺され家を焼かれてしまう。こうして、追い詰められていった家族たちは、ついに洞窟に韓国軍がやって来た。わずかな抵抗を試みるが、皆殺されてしまう。
 モノクロの画面で残酷さを和らげようとしていることがわかる。実際の済州島4.3事件は、もっと残虐な行為が数年間続けられた。最終的には、数万人が虐殺された。しかし、この作品では、チャプターごとに「神・・・」というクレジットが出てくる。その意味の真意はあまりよくわからない。とは言え、この作品のオ・ミヨル監督は済州島出身であり、この事件に関わる内容は韓国はタブー視され、アメリカもこの事件については沈黙を守っている。そうしたなかで、この作品は問題提起の作品といっていいだろう。



監督:オ・ミヨル
出演:ヤン・ジョンウォン、イ・ギョンジュン、ソン・ミンチョル、ホン・サンピョ

2013年韓国映画   上映時間:109分
 1948年戦後の朝鮮では、北には金日成率いる北朝鮮労働党が勢力を伸ばしていた。これとともに済州島では南朝鮮労働党とともに島民が蜂起した。これに対して、在朝鮮アメリカ陸軍司令部の支配下にあった軍政庁南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察らが済州島に上陸し島民の鎮圧に着手した。そこで、ひとまず鎮圧をおこなった後「海岸線5kmより内陸にいる人間を暴徒と見なし、無条件で射殺せよ。」という命令がだされた。島民たち数軒の家族たちは、真冬に村から避難してクンノルケと呼ばれている洞窟に逃げ込む。一方、韓国軍の兵隊たちは、上官がやたらに威張りちらし、新兵を裸にして雪の上に立たせている。村人の一人は韓国軍から米国製のライフルを盗んで持っていた。食料といえば、わずかなチスル(ジャガイモ)ぐらいしかない。韓国軍の追跡に、一人の少女が捕まる。彼女は逃げている家族たちの娘だ。そして彼女は強姦されてしまう。そのどさくさに、新兵が脱走しようと二人で相談する。そして、逃げる際に、一人は撃たれながらも脱出するが、少女は流れ弾に当たり死んでしまう。それは、偵察に来ていた少女に思いを寄せる家族たちの一人が目撃する。さらに、村に単身残してきた老婆も韓国軍に刺殺され家を焼かれてしまう。こうして、追い詰められていった家族たちは、ついに洞窟に韓国軍がやって来た。わずかな抵抗を試みるが、皆殺されてしまう。
 モノクロの画面で残酷さを和らげようとしていることがわかる。実際の済州島4.3事件は、もっと残虐な行為が数年間続けられた。最終的には、数万人が虐殺された。しかし、この作品では、チャプターごとに「神・・・」というクレジットが出てくる。その意味の真意はあまりよくわからない。とは言え、この作品のオ・ミヨル監督は済州島出身であり、この事件に関わる内容は韓国はタブー視され、アメリカもこの事件については沈黙を守っている。そうしたなかで、この作品は問題提起の作品といっていいだろう。

監督:オ・ミヨル
出演:ヤン・ジョンウォン、イ・ギョンジュン、ソン・ミンチョル、ホン・サンピョ

2013年韓国映画            上映時間:109分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。