FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
さようならアドルフ
 ドイツが敗戦した1945年春、ナチスのSS将校は妻と子どもたちで住んでいた家の後片付けに追われていた。親たちは、「遺伝性疾患断種法」などと書かれた書類を庭先に持ち出し、焼いていた。そして、一家は郊外の家にひとまず入った。その後父は、母と抱き合うが、「意気地無し」とののしられる。おそらく、自決を決断しなかったことへの返答だったのろう。そして、母は単身夜出かけて行った。翌朝帰宅すると、前夜に性的暴行を受けたのか、内ももが血だらけだった。母は着替え、占領軍に出頭することにした。その際、長女のローレだけには、両親は先にハンブルクの祖母の家に行っていると下の兄弟に伝えるように言い残した。最初は近所の人も、食料を分けてくれたが、いまだにヒトラーユーゲント気質の幼い兄弟には冷たい。そこで、母が残してくれた貴金属などを持って、900キロ離れた祖母の家を目指すことにする。一行は長女のローレ、次女のリーゼル、双子の弟ユルゲンとギュンター、さらに一番下の乳飲み子ペーターの5人での旅立ちだ。そうはいっても、ローレはまだ14歳。最初に多くの人が集まっていたキャンプ地で、ローレはナチスのホロコーストを報じる新聞の張り紙に衝撃を受けた。それで、父の写真と新聞の写真を地中に埋めるのだった。そのキャンプ場にいた青年トーマスがローレたちの後に着いてきた。途中、米軍の一団と遭遇し身分証も提示を求められた。ローレたち兄弟は持っていない。すると、トーマスが身分証を見せ、自分の兄弟だと紹介した。それで、米軍の車に乗せてもらうことができた。その際、ローレはトーマスが持っていた身分証がユダヤ人のものだと知り動揺した。しかし、この先の長旅に不安な思いがあり、一緒に旅をすることにする。他の兄弟たちはトーマスに、徐々に心を許していった。揺れ動くローレの思いは、トーマスと二人だけになった廃墟で、トーマスに自らの下半身にトーマスの手を誘う。しかし、トーマスはそれには応えなかった。その後、大きな川縁りにでたが、橋は戦禍で爆破されていた。そこにいた漁師に舟を出してくれないかと頼むローレ、しかし持っていたものはガラクタしか残っていなかった。そこで、ワンピースのボタンをはずローレ。抱きついた漁師が「死人の臭いがする」と言うが、後ろからトーマスに殴り殺されてしまった。そして、動揺しながら対岸に着く。するとそこはソ連占領区だった。皆に動くなと言い残し、食料調達に出かけたトーマス。数時間後、人影に見えたので、「トーマス」と呼びかけて走り出したギュンターだったが逆に射殺されてしまう。戻ったトーマスは動くなと言ったはずだと、皆を叱責する。その後、何とか列車に乗り込んだ一行だったが、またも身分証の提示を求められた。すると、トーマスが身分証がないと言いだし、姿を消してしまう。それは、ギュンターの死をトーマスのせいだと思っていたユルゲンの仕業だった。ローレたちがトーマスの持っていた身分証を見ると、実は他人のものだとわかる。そして、一行はようやく祖母の家に着いた。祖母は喜び、暖かく迎えた。しかし、祖母はローレの両親のことを恥じることはないと言い放つのだった。
 「白いリボン」では、ユーゲントになるのではという子どもたちが描かれていた。一方、この作品では、ユーゲントとして最終勝利を信じ敗戦後まで「ハイル・ヒットラー」を唱えていた。そして、助けてもらったトーマスがユダヤ人という思いです素直になれない。でも、彼が本当にユダヤ人かどうかは、わからないままだ。一方、祖母は戦争を経ても価値観が変わらず、しつけが厳格だった。それに対して、ローレは生きるためには危ないことも経験し、今更そんな価値観に従えないという思いがあったのだろう。揺れ動く少女の思いが見事に描かれていた。それでも、乳飲み子の食事は、いったいどうしたのだろうか。最初はもらい乳などする場面があったが、後どうしたものかという、疑問は残った
 

監督:ケイト・ショートランド
出演:サスキア・ローゼンダール、カイ・マリーナ、ネレ・トゥレープス、ウルシーナ・ラルディ、ハンス・ヨッヘン・ヴァーグナー

2012年独、英、オーストリア映画                上映時間:109分
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -