FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴジラ(1954年版)
  1954年第2次世界大戦から復興の過程にある日本。そうしたなか、太平洋上で貨物船「栄光丸」が緊急信号を打電した直後沈没してしまった。さらに乗組員の救助に向かった貨物船「備後丸」もまた沈没した。そこから近くの大戸島の漁船も沈没したがかろうじて救助された漁師は「巨大な怪獣に襲われた」と証言した。これを聞いた島の古老は「ゴジラに襲われた」と言う。このゴジラは大戸島にも現れた。この知らせを受けた政府は、大戸島に調査団を派遣することを決めた。その調査に古生物学者の山根博士を中心に多くの学者たちも参加した。島にはゴジラの足跡があり、放射線の反応があった。
山根博士は、深海に生息していたゴジラが太平洋上での水爆実験によって生きる場所が狭められて、出現したのではと推測する。その後。ゴジラは東京に出現し、東京を火の海にする。迎え撃つ自衛隊の最新兵器は役に立たない。山根博士の教え子で、酸素の研究をしていた芹沢博士は天才との評価が高かったが、実験中に爆発事故を起こし、片目を失明してしまった。それ以降研究室に引きこもり気味だった。山根博士の娘の恵美子は幼い頃から芹沢に可愛がってもらっていた。現在、恵美子はサルベージ会社の社員尾形とつきあっていた。恵美子は、芹沢が見せてくれた開発中の成果をぜひゴジラに使いたいと思い、尾形にも相談した。そこで、本来は生物学者としてゴジラを生かしたいと考えていたが、多くの都民が犠牲になった現実を見て
ゴジラとの対決に賛成する。そこで、芹沢博士が開発したオキシジェンデストロイヤーを使いゴジラのいる海域を目指した。芹沢博士は、オキシジェンデストロイヤーがゴジラを倒すことができたら、武器として利用しようと世界中から注目されることを危惧していた。そうした思いをこめて、芹沢は尾形とともに舟に乗った。
 ゴジラ第1作で、今年ハリウッドでリメイクされるされた作品と通底しているという。出演者も宝田明を除きほとんどが故人となっているが、時代を反映した国会論戦など女性議員(菅井きん)の勇ましさが目立った。一方、昔ながらのお嬢様という河内桃子が初々しく可憐な姿を見せていた。それに、何と言ってもあのゴジラのテーマはやはりひかれてしまう。
 
監督:本多猪四郎
出演:宝田明、河内桃子、菅井きん、平田昭彦、
志村喬

1954年日本映画     上映時間:97分
1954年第2次世界大戦から復興の過程にある日本。そうしたなか、太平洋上で貨物船「栄光丸」が緊急信号を打電した直後沈没してしまった。さらに乗組員の救助に向かった貨物船「備後丸」もまた沈没した。そこから近くの大戸島の漁船も沈没したがかろうじて救助された漁師は「巨大な怪獣に襲われた」と証言した。これを聞いた島の古老は「ゴジラに襲われた」と言う。このゴジラは大戸島にも現れた。この知らせを受けた政府は、大戸島に調査団を派遣することを決めた。その調査に古生物学者の山根博士を中心に多くの学者たちも参加した。島にはゴジラの足跡があり、放射線の反応があった。
山根博士は、深海に生息していたゴジラが太平洋上での水爆実験によって生きる場所が狭められて、出現したのではと推測する。その後。ゴジラは東京に出現し、東京を火の海にする。迎え撃つ自衛隊の最新兵器は役に立たない。山根博士の教え子で、酸素の研究をしていた芹沢博士は天才との評価が高かったが、実験中に爆発事故を起こし、片目を失明してしまった。それ以降研究室に引きこもり気味だった。山根博士の娘の恵美子は幼い頃から芹沢に可愛がってもらっていた。現在、恵美子はサルベージ会社の社員尾形とつきあっていた。恵美子は、芹沢が見せてくれた開発中の成果をぜひゴジラに使いたいと思い、尾形にも相談した。そこで、本来は生物学者としてゴジラを生かしたいと考えていたが、多くの都民が犠牲になった現実を見て
ゴジラとの対決に賛成する。そこで、芹沢博士が開発したオキシジェンデストロイヤーを使いゴジラのいる海域を目指した。芹沢博士は、オキシジェンデストロイヤーがゴジラを倒すことができたら、武器として利用しようと世界中から注目されることを危惧していた。そうした思いをこめて、芹沢は尾形とともに舟に乗った。
 ゴジラ第1作で、今年ハリウッドでリメイクされるされた作品と通底しているという。出演者も宝田明を除きほとんどが故人となっているが、時代を反映した国会論戦など女性議員(菅井きん)の勇ましさが目立った。一方、昔ながらのお嬢様という河内桃子が初々しく可憐な姿を見せていた。それに、何と言ってもあのゴジラのテーマはやはりひかれてしまう。
 
監督:本多猪四郎
出演:宝田明、河内桃子、菅井きん、平田昭彦、志村喬

1954年日本映画     上映時間:97分
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。