FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪の法則
 カウンセラーと呼ばれる弁護士は婚約者のローラとメキシコで過ごしている。カウンセラーは麻薬組織にも関わりを持つライナーの家を訪ねた。彼は今や実業家として、カウンセラーのアドバイスを受けていた。ライナーの恋人マルキナは元ダンサーでしかも頭良くクールな女性だった。一方、メキシコのコカインの元締めはバキュームカーを改造し、前半分に仕切りをし、ドラム缶にコカインを満載し末端価格で20億円ほどになるという。それをアメリカに向け発進する。一方、カウンセラーはローラのために、アムステルダムに行き3.5カラットのダイヤの婚約指輪を買ってきて渡たすのだった。カウンセラーは、たまたま国選弁護人のような当番で弁護を担当した殺人犯のルースと面会し、彼女の息子がスピード違反で拘留しているので、罰金を払って出してやって欲しいと依頼された。そこでカウンセラーはローラの息子の通称バイク乗り「グリーン・ホーネット」を釈放させる手続きを完了した。しかし、「グリーン・ホーネット」を追っていた男が読唇術のできる女を伴って、彼が誰かと話しているのをチェックした。そして、「グリーン・ホーネット」の乗るバイクの高さを調べ、彼の通る道を先周りし道の両端にピアノ線を張り、「グリーン・ホーネット」の首を切断してしまう。「グリーン・ホーネット」はバキュームカーの強奪の一味と見られた。しかも、メキシコから運ばれてきたバキュームカーが奪われてしまうが、それも元締め組織の男に襲われ奪われてしまう。すると、カウンセラーに麻薬仲買人のウェストリーから連絡が入る。彼はこれから身一つで逃げるという。カウンセラーは、悪の世界に身を突っ込み、母親に頼まれたとは言え、「グリーン・ホーネット」を釈放させてしまったのだから、組織からは抹殺の対象とされてしまうというのだ。そこで、ローラに連絡をとり、落ち合う約束をする。メキシコではライナーが襲われ殺されてしまう。ペットのチータは車から逃げて荒野にかけてて行く。カウンセラーはローラとの待ち合わせ場所に行くが、彼女は組織に捕まってしまっていた。一方ロンドンに逃げたウェストリーだが、ロンドンに現れたマルキナによって持っていた現金を奪われ殺されてしまう。
 カウンセラーと呼ばれる弁護士が、結局コカインの密輸と強奪に直接関係はないのだが、恋人は殺されてしまう。ここらあたりの展開が台詞だけなので、いまいちわかりづらい。ましてもともと、コカインの仕事に関わっていたが、現在は関係のないライナーまで殺してしまうのも、よくわからなかった。しかも、麻薬組織のボスがカウンセラーと電話で話すが、直接的なはなしではなく比喩的なことが大半でこれも首をかしげてしまった。けっこう哲学的な内容を含んでいる。


監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット、ロージー・ペレス、ブルーノ・ガンツ、ルーベン・ブラデス

2013年米英映画      上映時間:118分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。