FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 タイムスクープハンター
タイムスクープ社の沢嶋が1582年に派遣される。ちょうど、本能寺の変の直後、混乱のさなかにあった。京都は明智軍が制圧し、行き場を失っていた民衆は禁裏のなかに非難してきた。禁裏には織田家から派遣された矢島権之助がいて、明智軍には内密に民衆の支援をおこなっていた。すると、本能寺に信長とともにいた博多の豪商・島井宗叱が密かに織田家ゆかりの武士に伴われ禁裏にやって来た。宗叱は本能寺から逃げる際、有名な茶器「楢柴」を持って逃げてきた。そこで、権之助に博多まで護衛して欲しいとのことだった。これが、織田家への最後の奉公ということで、博多に向かうことにした。沢嶋は彼らに同行することにした。ところが、彼らを謎の人物が襲い、「楢柴」を奪おうとした。その際、使われた武器は、この時代のものではなかった。しかも、タイムスクープ社が調べると、襲ったのがタイムスクープ社員だということが判明した。そして、その際茶器が川に落ちてしまい、未来の歴史を干渉してしまった。そこで、いったん未来に戻った沢嶋は新人社員の細野ヒカリとともに、茶器の記事が出ていた1980年代の学校の資料室に行く。そこで、手に入れるが、その茶器は一部が破損していた。そこで、再び調べると、太平洋戦争の際に破損したということなので、その前の時代に向かう。ここで、何とか無事に茶器を取り戻し、矢島たちのもとに戻った。そこは、安土城炎上の前日だった。水野は安土城炎上の謎を調べるためにタイムスクープ社に入社したのだという。その後、矢島や沢嶋らが伴山三郎兵衛率いる野武士集団に襲われる。伴山は矢島たちを人買いに売り払い、自らは手下を率いて安土城に向かう。彼らは、安土城の隠し財宝を探しに行ったのだった。財宝の隠し場所の知っているという触れ込みで、島井宗叱も同行させられた。人買いに監禁されていた百姓たちの仲間によって捕まっていた全員が解放され、彼らも安土城に向かう。細野によれば、たまたま安土城から明智軍が引き無人になるという。そこで、伴山たちとの死闘が展開される。そしてタイムスクープ社の裏切り者の存在も明らかになる。
 やはり、テレビ番組だということだ。伴山らの野武士集団の数も少なすぎで、大画面なのでよけい人がいないのが目立ってしまった。しかも安土城炎上の謎を明らかにするという触れ込みも、あれでという感じだし。いわゆる焙烙玉といわれる手榴弾状のものが、多様されたりするのも違和感があった。そういう意味で、この作品はテレビで放送するのが、ちょうどいいということだと思う。


監督:中尾浩之
出演:要潤、夏帆、杏、時任三郎、上島竜兵、小島聖、カンニング竹山、宇津井健、嶋田久作

2013年日本映画     上映時間:102分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。