FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある会社員
 ヒョンドはある会社の課長で、アルバイトの新人ハンと仕事に出かけた。乗っているトラックは宅配便のものだ。彼らは警察の前で止まり、ハンがキムチの入った荷物を持って警察の中に入る。エレベーターで刑事たちに臭いと嫌みを言われ途中の階で降りた。そして、刑事たちがある事件の参考人で警察側の証言を取るために保護していた証人を廊下に出すと、そこにハンが現れ、あっという間に刑事もろとも全員を射殺してしまう。ヒョンドへの連絡を入れたところ、そこに隠れていたヒョンドに階段から落とされてしまう。意識が朦朧とするなか、ハンは最後の願いとして、自分が貯めた金を家族に渡して欲しいと言い残す。実は、ヒョンドの会社というのは、表向き金属加工会社の営業部なのだが、そこはそっくり殺人請負・実行部署なのだ。その会社からの命令で、ハンは仕事が終わったら消せという指令だった。そして、ハンの家を訪ね、シングルマザーのミヨンと娘に金を持って来たことを告げる。ハンは出張中だと告げた。高校生ぐらいの娘は、実は母親は昔歌手だったと言い、昔のカセットを聴かせた。その曲こそヒョンドが、若い頃夢中になっていたものだった。そして、彼女への想いが一気に募っていった。そんな折、会社の部長が無断欠勤をしていた。彼は一人息子を交通事故で亡くし、生きる気力を失っていた。そこで、会社はヒョンドに彼の始末を命じた。しかし、昔のミヨンのポスターを見かけて見失ってしまう。再度のチャンスで、彼を始末して、ヒョンドが部長に就任する。しかし、彼はミヨンとの未来を築こうと、ハンを伴ってミヨンに知人が経営している湖畔のコーヒーショップを譲りうけ、そこで暮らそうと決意する。その頃、会社でも警察が探りに来たり、ハンを殺してなかったことがばれ、ヒョンドを始末することになる。それに気づいたヒョンドは単身、これまで蓄えた金を持って、ミヨン一家とともにかつての部長で引退した男の元に身を寄せる。しかし、彼の裏切りで、銃撃戦になりミヨンは死んでしまう。そこで、ヒョンドは防弾チョッキを着込み一人で会社に乗り込むのだった。
 最後の殴り込みは、あまりに直情的だと思った。もう少し工夫して、ただバンバン殺すだけというのも芸がない気がした。現場経験のないクォン理事など相手にならないし、代表も年だし、せいぜい用心棒ぐらいが少しは相手になったぐらいか。それにしても、チョ刑事が冒頭の警察署の前で宅配便の前にいたヒョンドを覚えていたという設定なのだが、すれ違っただけの人の顔まで覚えているなんてありえない。それに、最後のシーンではヒョンドが、入社試験を受けるため、履歴書の写真を貼り替える場面があった。これでは、本当に入社試験を受けているんだということの傍証になる。入社後、殺人マシーンとして鍛えられることになるのだろうが、あれぐらいの人数で秘密を守り切るというのが、果たして可能なのだろうかとも思ってしまう。とは言え、韓国映画の勢いは衰えずという印象だ。


監督:イム・サンユン
出演:ソ・ジソブ、イ・ミヨン、クァク・ドウォン、キム・ドンジュン、オ・ジェム

2012年韓国映画     上映時間:96分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。