FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
ダーケストアワー 消滅
 SNSのプログラムを開発したベンとショーンはロシアのモスクワにやって来た。二人は大金持ちになることを夢見て、プレゼン会場に着いた。すると、そこには旧知のスカイラーがいてベンたちのソフトの売り込みをやっていた。二人は警備員に追い出された。そして、モスクワの有名なクラブで飲んでいた。すると、そこでアメリカからやって来たアンとナタリーの二人組と知り合い合流した。そこにスカイラーが恋人を連れてやって来た。その直後、一斉にスマホなどが使えなくなった。外では、不思議な光があちこちで見受けられ、警官が皆を制してその光に向かっていった。すると、すぐに粉々に粉砕されてしまった。それからは、次々に襲撃が繰り返され、あっという間に皆殺されてしまった。幸い、ベンとショーンはアンとナタリーを連れ金属のドアの中に逃げ込んだ。そこに、スカイラーもやって来たが、彼は追ってきた恋人を部屋に入れず、見殺しにしてしまった。それから、まる4日食料も食べ尽くしてしまった。彼らは、恐る恐る外に出た。行く先は、米大使館だ。しかし、彼らが持っていたのは、簡易なリーフレットだけだった。しかし、途中の橋が崩落し、遠回りすることになった。しかし、人がほとんどいなくなっても、彼らを襲ってきた。ベンは彼らが動くと、電球が光ることを発見し、それによって連中の動きを見破ることが、できるようになった。しかし、アメリカ大使館は無人で小型無線機だけが残っていた。再び襲われた5人は、スカイラーがおとりになって逃げ延びる。そして、
高層マンションの灯りが見え、そこに向かった。その部屋にはヴィカという少女と科学者のセルゲイがいた。彼によると、襲ってきたのは、宇宙から来た電磁波のエイリアンで、地球の資源を取りにきたのだという。彼は、撃退用の武器まで作り、彼の部屋は電磁波を遮断するようになっていた。そして、小型無線機では川にロシアの原潜を待機させているが、明朝には出航するというメッセージが流されていた。皆で川に行く準備をするが、そこにもエイリアンが襲ってきた。そして、ショーンとアン、そしてセルゲイまでもがやられてしまった。それでも出発すると、またしても襲われるが、今度はロシアの自警団だった。彼らに護衛され、ついに川に到着する。
 ソチオリンピックで何も見るものがないので、この作品を観た。いきなりばたばたと倒れていき、あっという間にわずかな人数しか残っていない。後半のロシア自警団も通常兵器ながらそこそこ戦っていたのに、原潜以外の空軍や正規の陸軍はどうなったのかと、おもわず考えてしまった。それと、最後にバスに隠れていたナタリーが襲われ、ショーンとともに戦い勝って止まったのが、皆集まっていた場所なんてできすぎ。



監督:クリス・ゴラック
出演:エミール・ハーシュ、オリヴィア・サールビー、レイチェル・テイラー、マックス・ミンゲラ、ジョエル・キナマン、ダート・バクタデツ、ユーリ・クッシェンコ

2011米映画        上映時間:90分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -