FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
日本列島
 1959年埼玉県にあるS米軍キャンプCID(犯罪捜査課)の新任ポラック中尉は、かつての部下だったリミット曹長が、1年前水死体で発見された事件の調査を通訳の秋山に依頼する。さっそく、秋山は警視庁に向かい事件の資料を見ながら、関係した刑事から事情を聞いた。すると、米軍はリミットの水死体をはじめ収集した証拠関係資料までも一切合切米本国に持ち去ったのだった。この事件に関わった警視庁捜査三課の黒崎からリミットが死の直前に日本に出回った贋ドル事件に関わっていたことを聞き出した秋山。彼はこの事件の担当だった「昭和新報」の原島とともに事件の真相を追う。するとリミットが生前会っていた、女性の存在をつかんだ。彼女は秋山がかつて中学の英語の教員をしていたときの教え子だった。彼女は結核で余命幾ばくもなかった。秋山はかつて自分の妻が米兵にバラ園に連れ込まれ暴行され殺害された事件を思い出していた。彼は、この事件が結局、犯人を捕まえることもなく、事故死扱いにされ、この犯人に迫るためにCIDの通訳として働き始めたのだった。一方、リミットに関連して戦時中に諸外国の偽札を作っていた日本の特務機関の存在が浮かび上がった。彼らは、戦時中ドイツ製の印刷機を使って偽札を製造していた。それが、戦後日本の印刷会社に払い下げになったものの、ある時期にその印刷機が秘密裏に運び出されたことを知った。合わせて、この印刷機を使いこなす技術者の伊集院元少佐も何者かに拉致されたと言う事実をしった。この伊集院の娘が現在小学校の教員しており、秋山はこの娘和子を訪ねた。そこで、涸沢という男の存在を突き止めた。この男はかつて米占領下の謀略機関で働いていた。一方、1954年贋ドル事件に関わる信交会事件に関わった当時の検事だった日高は現在弁護士として秋山に会った。そこで日高は滝沢には佐々木という部下がいて彼からサン.ピエール教会に不良外国人がたむろしていると聞いたという。そこで、秋山は佐々木に会いに行くが。彼は今はもう足を洗っていて話すことはないという。しかし、二度目にあったとき、リミットが彼に会いにきて贋ドルのことを聞い他と涸沢に知らせたことがわかった。すると、今度は佐々木も水死体となって発見された。一方。秋山も顔見知りの椎名加代子が死体で発見された。彼女は念願のスチュワーデス試験に合格したばかりだった。容疑者として浮かび上がったのはサンピエール教会にサミエル神父だったが、取り調べの途中で突然アメリカに帰国してしまった。そして、ポラック中尉からは事件の調査を突然中止するよう命令された秋山。
 それでも、CIDを辞めて単独で調査を進めていた秋山のもとに沖縄のキャンプから伊集院元少佐に似た人物を見つけたという知らせが入った。
 とにかく、戦後の「下山事件」「三鷹事件」が相次いでいる時代のだ。そうしたなか、新聞記者も大戦中のだらしなさを挽回しようと、結構権力と向き合っている。いっっぽうで、弁護士も協力てきだし、けっこう時代が見えてくる。また町並みや、食事などでも当時をしのぶことができた。それにつけても、あの時代から米国べったりで利権のみにとびついた連中がいて、都合の悪いことは闇から闇に葬るといった構造は、現在とあまりかわらないのではないかと思った。


監督:熊井啓
出演:宇野重吉、二谷英明、鈴木瑞穂、芦川いづみ、北林谷栄、大滝秀治、内藤武敏、下元勉
1965年日本映画      上映時間:115分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -