FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
悪いやつら
 1980年代韓国の釜山、税関職員のイクヒョンは同僚たちと平気で賄賂を貰い不正を見逃していた。しかし、担ぎ屋のおばさんが警察に届けたことで、一連の不正の詰め腹を切らされる格好で退職することになる。しかし、その直前、覚醒剤を大量に見つけた。その処理を同僚に相談し若いやくざの親分ヒョンベに託すことにした。その際、彼が自分の血族の一員ということがわかると、とたんに態度が豹変する。こうして、イクヒョンはヒョンベとともに行動をともにすることになる。折からソウルオリンピックに伴うカジノの開設に、イクヒョンが手腕を発揮する。さらに、警察に逮捕されたヒョンベを不起訴にするため、イクヒョンは血族のコネを最大限に使い検事も丸め込み、ヒョンベの釈放を実現する。感激したヒョンベはイクヒョンを「大叔父」とよび、二人三脚の活動を展開する。その過程で、かつてヒョンベと同じ組にいた弟分バンホともめるが、ヒョンベとイクヒョンが縄張りを奪い、カジノも手がけることになった。その際、許可を受けるための根回しを順調にやっていた。そうしたなか、盧泰愚大統領が暴力団の徹底追及をおこなうよう命令があり、検察、警察はやっきになった。こうしたなか、次第にヒョンベとの間がぎくしゃくしてしまう。さらに、ヒョンベの弟分から集団で暴行されたイクヒョン。そして、とうとうヒョンベから裏社会から足を洗うように手切れ金を貰った。しかしながら、バンホから密かにカジノを一緒にやらないかという誘いがあり、動揺するイクヒョン。しかし、警察が徹底した追及にあい、検察に責められたイクヒョン。すると、彼はヒョンベを検察に売り渡す工作を展開した。こうして、ヒョンベを警察に逮捕させ、自分だけは逮捕を免れた。
 儒教の影響を受け、血族中心のコネ社会である韓国社会を贈賄でうまく渡りあった主人公。しかし、やくざとでもなく一般人でもない「半端者」としての悲哀をチェ・ミンシクが好演している。とは言え、「トガニ」でも描かれていたように、就職の際に高額な金を要求されたと言われていた。同様に、この作品でも当初、税関の職員になる際にも金を払い、うまみのある税関の現場に移動する際にも金が必要と描かれている。そんな風土のなかでの展開だった。しかし、そんななか光っていたのは、ハ・ジョンウ演ずる若き組長ヒョンベの演技だ。韓国映画の勢いは、止まらない感じだ。



監督:ユン・ジョンビン
出演:チェ・ミンシク、ハ・ジョンウ、チョ・ジンウン、マ・ドンソク、クァク・ドウォン、キム・ソンギュン

2013年韓国映画      上映時間: 133分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30