FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ペイド・バック
 1966年イスラエルに3人(デヴィッド、ステファン、レイチェル)のモサド工作員が凱旋帰国した。彼らはナチスの医者で人体実験をしていた外科医フォーゲルを逮捕してイスラエルに連れ帰る任務を帯びていた。しかし、彼らはフォーゲルを結果的に殺害し帰国したのだった。 それから31年後のテルアビブではステファンとレイチェルの娘サラが両親のかつての活躍ぶりを本にすることになった。一方、デヴィッドは何者かに呼び出された。しかし、待っていた車に今やモサドの幹部となったステファンの姿を見つけると、突然道路に飛び出して車にはねられ死亡してしまった。その後、開かれた出版パーティで、かつて東ベルリンでのいきさつが語られた。そこで、レイチェルは31年前のことを思い出すのだった。東ベルリンで過去を隠し産婦人科医として働いていたフォーゲルを、拉致しイスラエルに連行し裁判を受けさせるのが任務だった。産科医に近づくため、レイチェルがこの任務に就くことになったのだ。そして男2人と女の奇妙な共同生活が始まった。フォーゲルを拉致し国外に連行する計画は緻密に立てられていたが、後一歩のところで脱出に失敗してしまう。そこで、次の脱出の機会を待つことになった。しかし、フォーゲルを生かしておく間、不安にさいなまれる。その間にレイチェルとデヴィッドは互いに惹かれ合うが、デヴィッドは任務を優先して彼女を受け入れない。ある日精神的に不安定になったレイチェルは、はずみでステファンと関係をもってしまう。そうしたこともあって、ステファンは3人の気持ちを揺さぶり、レイチェル一人の時フォーゲルは割れた皿の破片で縛られていたロープを切りレイチェルの頬も切りつけ、格闘の末逃げてしまう。3人は途方に暮れるが、事実を知っているのは3人とフォーゲルしかいない。しかもフォーゲルは自ら告白することはないということで、ステファンはレイチェルが逃げようとしたところステファンを射殺したことにしようと提案し、二人もそれを認めた。こうして、3人は英雄としてイスラエルに帰国するのだった。しかし、デヴィッドは罪の意識に苛まれていた。そこで彼はモサドを辞め、イスラエルを出て行く決意をしレイチェルを誘うが彼女は生まれた娘のことを考えて残ることを伝える。
 それから31年が経過して、デビィッドが真相を報告しようとする。そしてデビィッドが死んで、彼の残した情報をもとにステファンは、フォーゲルがウクライナの病院に入院しているとのことをもとに、レイチェルが単身潜入しフォーゲルを暗殺する任務につく。
 先日観た「ハンナ・アーレント」の冒頭の場面でモサドがアイヒマンを拉致する場面が出てくる。こんなモサドの活動を描いた作品だが、なぜか日本では未公開だった。主人公のレイチェルを演じるジェシカ・チャスティンは、「ゼロ・ダーク・サーティ」で注目を浴びたが「ヘルプ」や「ツリー・オブ・ライフ」「欲望のバージニア」でもいい味だしていた。それと晩年のレイチェルを演じたヘレン・ミレンも、さすがすごみを出していた。

監督:ジョン・マッデン
出演:ヘレン・ミレン、サム・ワーシントン、ジェシカ・チャステイン、イェスパー・クリステンセンマートン・チョーカシュ、キーラン・ハインズ 

2010年米映画      上映時間: 113分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31