FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
清洲会議
  天正10年(1582年)本能寺の変で織田信長が明智光秀の謀反によって殺される。毛利攻めの総大将だった羽柴秀吉はすぐに京に戻り、明智を撃った。しかし、織田家の跡目を誰にするかということを決めるため、家臣一同が清洲城に召集された。織田家の4人の宿老は柴田勝家、羽柴秀吉、丹羽長秀、滝川一益なのだが、滝川は戦の最中で、会議の招集日には到着していなかった。柴田は清洲城に着くや否やお市のところに挨拶にいった。柴田はお市にぞっこんだが、丹羽からは会議が終わるまでは、遠慮するように忠告された。会議初日、柴田は信長の三男信孝を跡目候補に挙げた。一方羽柴は信長の次男信雄を推挙する。しかし、滝川の到着が未定なので、滝川に変わる家老を急遽選出し、その上で宿老4人で跡目を決することにした。そこで、宿老として池田恒興が選出され、4人で決めることになった。しかし秀吉の推す信雄はあきらかに能力がなくもてあまし気味だった。秀吉は妻の寧を呼び寄せ、連日城の関係者や家臣団を連日宴会に招いてどんちゃん騒ぎを繰り広げていた。そして、秀吉は池田に領地をちらつかせたりしながら、自らの陣営に取り込もうとする。そして、秀吉はある賭に出るのだった。それは、丹羽おも巻き込む妙案だった。それは、信長を救おうと参陣し戦死した長男信忠の子で幼い三法師を擁立することだった。しかも信忠の妻松姫は武田信玄の娘でもあった。しかも、信忠はすでに信長から家督を継いでいたので、三法師が跡目を継ぐのは問題ないということになる。こうして、秀吉と軍師黒田官兵衛によって先の展望を切り開く一歩がつくられるのだった。
 女性の姫たちが公家風の化粧をしているが、男性陣も耳を大きくしたり、鼻を大きくしたりして、ちょっと見わからないようなメークが特徴的だ。寧役の中谷美紀もコミカルな役を好演している。さらに尾張弁を話すのが秀吉と寧だけだが、元はといえば織田家の家臣団なのだから全員が尾張弁を話させた方がよかったと思う。三谷喜劇は現代劇であざとく引いてしまう場面が多々あったが、時代劇ではけっこう幅があり、よかった。


監督: 三谷幸喜
出演:大泉洋、役所広司、小日向文世、佐藤浩市、篠井英介、伊勢谷友介、妻夫木聡、坂東巳之助、鈴木京香、中谷美紀、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、剛力彩芽、浅野和之

2013年日本映画                                   上映時間:138分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30