FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
42  ~世界を変えた男~
 第2次世界大戦後の米大リーグには、400人程の選手がいたが、すべて白人だった。一方、黒人たちは、黒人リーグでしかプレーできなかっし、公然と差別が存在していた。そうしたなかで、ブルックリン・ドジャースのGMブランチ・リッキーは、黒人選手を入団させると宣言する。そして、選ばれたのがジャッキー・ロビンソンだった。黒人初の大リーガーとしてドジャースの背番号42を着けデビューする。しかし、チームメートをはじめ対戦相手からも、様々な嫌がらせを受ける。それでも、リッキーから悔しい思いをプレーで見返せと言われ、頑張りぬく。それでも、対戦相手の監督が差別語を連発したり、遠征先のホテルからも宿泊拒否されたりする日が続く。試合中にも相手ピッチャーから頭をめがけた死球を受けたりもした。くりかえされる差別のなかで、心が折れそうになるジャッキーを支えるのは、ロッキーと妻だった。彼はひたすら試合のなかで全力を出し切りプレーに専念する。そんな姿を目の当たりにしたチームメートも少しずつ変化し、ジャッキーを仲間として対等に扱うようになる。彼の全力プレーと野球センスで、ドジャースはついにリーグ優勝を勝ち取ることが出来た。
 かつて差別が堂々とおこなわれていた時代。トイレも白人専用だったり、野球場の入場門も有色人種は別だったりと、まったくひどいものだった。そうしたなかで、孤軍奮闘するジャッキーだが、彼の専属記者兼マネージャーもどきのスミスも記者席には入れてもらえず、一般の客席でタイプをたたいたりという苦労をする。現在では、あらゆる人種がメジャーリーグで活躍しているが、その先駆けとなったジャッキー・ロビンソンの実話をもとに映画化された。毎年、4月15日には全てのメジャーリーガーが背番号42をつけて試合するのも、彼に
敬意を表すためだし、全てのチームで背番号42は永久欠番になっている。そうした歴史を忘れずに皆で共有するという姿勢はりっぱだ。


監督:ブライアン・ヘルゲランド
出演:チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード、アンドレ・ホランド、クリストファー・メローニ、ニコール・ベハリー
2013年米映画         上映時間:128分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31