FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダーウィンの悪夢
 中央アフリカのタンザニアのムワンザという町は世界第2位大きさのヴィクトリア湖の湖畔にある。ヴィクトリア湖はかつて多様な生物の宝庫として知られダーウィンの箱庭と呼ばれていた。しかし、50年ほど前、ある魚がこのヴィクトリア湖に放流された。それは、ナイルパーチと呼ばれる肉食の巨大魚だった。すると、このナイルパーチは湖の魚たちを食い尽くし、生態系もずたずたにしてしまった。さらに、ナイルパーチは共食いもし、いまやヴィクトリア湖はナイルパーチが大量に生息しているが、生態系の破壊により湖の汚染も進行している。そんななか、この魚に目をつけた一部の資産家たちは、この魚の加工工場を湖の畔に建設した。この巨大魚は人間の背丈ほどあり、白身だけを切り取って、冷凍されヨーロッパや日本に輸出されるようになったのだ。数年前まで、日本のスーパーでは「白すずき」として切り身が売られていたという。現在でも、西京漬けや味噌漬けの切り身が売られている。こうしたなかで、ムワンザには次々に工場が建てられ、ヨーロッパから、大きな輸送機が連日やってくる。しかし、ここの飛行場の管制室には無線があるが故障していて、信号のようなライトで着陸許可をだしている。それに、整備の設備もなく乗組員のクルーが自ら整備をしなくてはならないのだ。この輸送機もカラで飛んでくるわけもなく、密かに武器を運んでくるとも言われている。たしかに隣接しているのはルワンダやウガンダケニヤ、コンゴといった国々でこうした国々に武器が運ばれているのだろう。また、こうしたムワンザの魚景気のうわさは内陸まで広がり多くの人々が押し寄せてきたものの、仕事はなく女性たちがパイロットや漁師相手に「売春」をおこなっている。それと、エイズが多くの人々に感染しており、多くの人々を死に追いやっている。そうして貧困、エイズというなかで、親を失ったストリートチルドレンも多くいる。食事も満足に食べられず、やっとありついた食事も奪い合いのけんかがすぐに始まる。また、夜も寝場所もそれこそ町中であり、えたいのしれないドラッグをやり、ささいなことからすぐに殴り合いの暴力が始まる。いっぽうナイルパーチは頭と骨だけは捨てられるのだが、それを拾い集め干したり、油で揚げたり、焼いたりしたものを職のない人々が食べている。
 映画はこうした日常を淡々と映し出す。南北問題の一局面を見事に切り取っている。素足で、食べるものもなく、さまよう小さな子どもたちだが、ほんの些細なことでもすぐに暴力に訴える境遇では、飢餓と絶望に支配されているようだ。いっぽう、ナイルパーチの輸出先の日本では、牛肉偽装問題で揺れてはいるものの、いまだ飽食傾向は進行中で、1年間に捨てられる外食産業の残飯があれば、アフリカ諸国で餓死しなくてもいい人々がどれだけいることやら。いまだにテレビでもてはやされているグルメ番組やその結果のダイエットブームのなんと罪深いことか。さまざまなことを考えさせられた。


監督・構成・撮影:フーベルト・ザウパー
アーティスティック・コラボレーション:サンドール・ライダー、ニック・フリン
2004年フランス・オーストリア・ベルギー映画
上映時間:112分
スポンサーサイト

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。