FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スター・トレック イントゥ・ダークネス
 西暦2259年、カーク船長らエンタープライズのクルーは惑星“ニビル”を探査中だった。しかし、この探査中にこの惑星の火山が噴火しようとしていた。一方、カーク船長と医官長レナードは惑星の住人に見つかり逃げていた。そこで、スポック副長は単身、火山の噴火口にワープして火口で爆弾を爆発させることによって、噴火を止めようとしていた。しかしスポック副長の命綱が切れてしまったため、エンタープライズに戻ったカークはスポックの救出に向かった。それは、惑星の住民たちにエンタープライズが目撃されることになり、規律違反にあたる。しかし、スポックを見捨てるわけにはいかず、あえて姿をさらけ出して救出を完了させ、地球に帰還した。この違反行為をスポックが報告したため、宇宙艦隊本部の最高指令官マーカス提督はパイク提督を通じて、カークを降格しスポックがブラッドベリー号の副官として転属になった。一方、ロンドンの宇宙艦隊データ基地に勤務するトーマスの娘が難病で余命がいくばくもないと医師から宣告されていた。トーマスに娘を助けることができると、ジョン・ハリソン艦隊士官が密かに囁くのだった。彼は自らの血液を輸血すれば娘は助かるというのだ。そこで、彼の言うとおりにすると、娘は奇跡的に回復した。その見返りとして、ジョンはロンドンのデータ基地を爆破するようトーマスに命じて実行される。サンフランシスコの宇宙艦隊本部では緊急に主な幹部が招集され、会議が開催された。カークは、ロンドンのデータ基地にある情報は殆ど開示されたもので、爆破の真のねらいはここに集まった幹部を狙ったものと言った時、会議場が突如銃撃され、パイク提督ら多数が死傷した。とっさに、反撃を開始したカークは何とか攻撃してきた男の顔を見た。しかし、撃退をしたものの突然の攻撃でパイク提督が亡くなってしまう。攻撃をしてきたのがハリソンで、銃撃戦の後自らを転送させクロノスという敵クリンゴン帝国の惑星にいることがわかった。マーカス提督に呼ばれたカークは再びエンタープライズの艦長としてハリソンを殺すように命令される。そのために光子魚雷を積むことになった。すると機関主任のスコッティが、光子魚雷は乗務員を逆に危険にさらすと抗議し、カークに解任されてしまった。エンタープライズにはマーカス提督の娘キャロルが内密で乗り込んでいた。ワープ航法の不調もあり、クロノスの付近に着いたエンタープライズからカークら数名がクロノスに上陸した。しかし、クリンゴンのパトロール隊との交渉中突如、銃撃戦となった。劣勢のカークたちを助けたのはハリソンだった。彼は自分に向けられた魚雷の数を尋ね、72個と知ると即座に逮捕に同意した。エンタープライズに帰還し、ハリソンへの尋問をおこなうなかで、驚愕の事実がわかった。それは、ハリソンの本名はカーンで300年前、まだワープが開発されていなかったため、冷凍睡眠で部下の72名のクルーとともに眠っていた。しかし、彼だけが目を覚まされ、超人的な人間に改造され、クリンゴンとの戦争にむけて利用されてきたのだ。そして、それらの計画をしたのがマーカス提督で、戦争の準備も終え、むしろそうした計画について知っているカーンをはじめ、カークたちや冷凍人間も含めて処分しよと攻撃をしかけてきたのだった。それに対してキャロルが父親を説得しようとするが、すぐにワープさせられた。そしてマーカス提督の乗る宇宙船ヴェンジャンス号からエンタープライズへの集中攻撃を受ける。それを阻止しようとカーンとカークはヴェンジャンス号に乗り込んだ。そして、これまでの仕打ちに対しカーンはマーカス提督を殺してしまう。再びエンタープライズに戻ったカークはエンタープライズの機関のコアの軸がずれてしまい、墜落の危険にあった。一人コアにむかったカークは大量に被爆しつつもコアを正常にもどしたが、力尽きてしまった。一方、ヴェンジャンス号を使って地球の宇宙艦隊本部を破壊しようとするカーンに立ち向かったスポックはカーンを倒し、カーンの血液をカークに輸血することでカークの蘇生ができたのだった。
 宇宙船が舞台となるが、その主要なエンジンは原子力という設定のままだ。かつて、原子力船、潜水艦まではあったが結局、航空、ロケットというところまでは現実にはいかなかった。しかし、現実には放射性物質の処理も含め、何一つ解決出来てはいない。しかも、エンタープライズもヴェンジャンスも地球に墜落してきて、エンタープライズは持ち直したものの一方は爆発している。これでは、核の被害も起きているはずだ。どのみち、SFなのだから、原子力以外の動力の設定をした方がいいと思った。それと、主役のカーク以上に注目を浴びたカーン役のベネディクト・カンバーバッチが目立った。テレビシリーズでも人気があった超人類カーンの出自と今後につなげるキャラクターとしても注目される。


監督:J・J・エイブラムス
出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、ベネディクト・カンバーバッチ、ブルース・グリーンウッド


2013年米映画           上映時間:132分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31