FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
ムーンライズ・キングダム
 1965年、米国北東部ニューイングランドにあるニューペンザンス島が舞台。この島に住むビショップ一家は父母ともに弁護士で、子ども4人と暮らしている。一番上の12歳の娘スージーと3人の男の弟たちがいて、スージーは双眼鏡で窓の外を見るのが趣味だった。弟たちは「青少年のための管弦楽入門」を一日中聞いている。ビショップ夫妻の仲はあまり芳しくないようだ。一方、島にはカーキスカウト55隊のキャンプ「アイバンホー」があり、ウォード隊長ら隊員がサマーキャンプをしていた。すると、隊員の一人サムの書き置きが見つかった、そこには隊を辞めると書いてあった」。驚いたウォード隊長は島の唯一の警官であるシャープ警部に届ける。二人は、これも島唯一の電話交換室に赴きサムの両親に電話する。すると、サムの親は「私はサムの里親だから、彼がもう戻ってこなくてもいい」というのだ。ウォード隊長はサムの身上書にそのことが書かれていなくて、本当の両親は数年前に亡くなっていてサムが孤児だということを初めて知り驚く。シャープ警部はサムの居所を探すため島中を捜索する。そしてビショップ家を訪れてサムのことを聞く。その後、ビショップの妻ローラがシャープ警部と一本のたばこを吸いながら話しているのをスージーが双眼鏡で見ている。二人は不倫していて、それがばれていないかを心配していた。一方サムはカーキスカウトの制服を着て、キャンプ用品を担ぎカヌーで川を遡上していた。やがて、カヌーを下り森にそれを隠して、小麦畑までやって来た。すると、そこにはスージーが荷物を抱えて待っていた。二人は、駆け落ちをしようとしていた。二人が一緒にいなくなったということが知れ、ウォード隊長はスカウト隊員たちにサムたちの行方を捜すように命じた。日頃から隊のなかで浮いた存在だったサム。スージーもまた、問題児としてその扱いが腫れ物に触るようにされていた。そんな二人はスージーが出演した学校の劇を見に行ったサムと知り合い、以後二人は密かに文通をし、駆け落ちの決行となった。二人はスカウトたちに見つかるが、もみ合いのなかでスージーがスカウトの隊員レッドフォードをはさみで刺し、動転したスカウトの一人が弓を放ち、彼らが飼っていた犬に命中させ死なせてしまった。その隙に逃げた二人は、絶好のキャンプ地である入り江に到着した。そこは島のなかでもあまり知られていない場所で、二人は「ムーンライズ・キングダム」と命名した。二人はそこで、初めてのキスをしお互い12歳同士の無邪気な恋も進展する。しかし、翌朝にはスージーの両親、シャープ警部、ウォード隊長らが島の古老から聞いた情報をもとにこの場所を見つけ、船でやって来た。二人はあえなく、連れ戻される。サムは里親から引き取りを拒否されため、シャープ警部が自宅兼警察事務所で預かることになる。一方スージーは自宅で母親に小言を言われるが、逆にシャープ警部との不倫も知っていると反撃されてしまう。サムは本土の福祉局が問題児だから孤児院に入れことにすると電話が入り、担当の女性が迎えに行くというのだ。スカウトの隊員たちもサムが孤児だということを知り、これまでつらく当たってきたことを反省し、この際もう一度二人の逃避行のお膳立てをしようという結論に達した。そこで、最初にスージーを家から連れ出し、つづいてサムも連れ出し、スカウトのなかに従兄弟のベンがいるスカウト本部のサマーキャンプ場レバノン砦に船で向かった。誰もいなくなった、キャンプ・アイバンホーではウォード隊長が無電で本部のピアス指揮官に報告する。一方サムとスージーたちとともに本部のある島に到着した一行は聖職者の資格を持つベンに二人を紹介し、その場で結婚式をおこなう。そして、二人を別の場所に向かわそうとするが、スージーが双眼鏡を忘れたというので、サムは探しに戻る。すると、そこには怪我をして本部の病院にいたレッドフォードがスージーの双眼鏡を持っている。奪い合いになるが、本部の隊員たちも駆けつけてくる。双眼鏡を奪い取ったサムだが、本部の隊員たちに追っかけられる。やがて、スージーの両親やシャープ警部、ウォード隊長らも島に到着する。福祉局員も島に来るが、折りから数年に一度という暴風雨に襲われる。
 若い二人の恋愛を中心に、二人を応援しようという子どもたち、大人の不倫という事情も踏まえ、特に大人たちに芸達者を揃えての展開はよかった。それと、スージー役の少女が目だけのメークを強調しているのも気になった。やはりあの年代は女の子の方が大人への階段を先に上っているのだと思った。舞台も小さな島で、しかも1960年代ベトナム戦争への介入の頃だが、まだ「良きアメリカ」が残っている頃の話なので、こうした物語が成立するのだろう。とはいえ、後日談も含め、何となくほほえましく、「めでたし、めでたし」となる。


監督:ウェス・アンダーソン
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード

2012年米映画     上映時間:94分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -