FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
ワールド・ウォーZ
 フィラデルフィアに住む元国連職員のジェリー一家は朝食を終えた。ジェリーは、妻のカリンを勤務先にと二人の娘レイチェルとコンスタンスを学校に送るため車に乗りこんだ。しかし、道は大渋滞でちっとも前に進まない。空にはヘリコプターが次々に飛来する。そして道の向こう側から猛スピードで動く人間の大群がやって来た。彼らは次々に人に噛みつき、噛まれた人は12秒ほどで、いわゆるゾンビに変身する。慌てて、ジェリーは家族とともに車を出て、乗り捨てられたRV車に乗り込み、その場を離れた。すると、ジェリーの携帯に国連の事務次長ティエリーから電話が入った。緊急事態ということで彼に力を借りたいということだった。ジェリーは、娘のレイチェルが喘息で薬を持ってきていないことから、薬局に向かう。しかし、薬局と併設のスーパーには大勢の人が押しかけ、食料品などを持ち出していた。何とか薬を手に入れたが、乗ってきた車は誰かに乗って行かれた。そこに、から連絡が入り、明日の早朝にへりを迎えにやるという。そこで、高層のアパートに入り、ヒスパニックの一家の部屋に身を寄せる。ラジオからは屋内にとどまるようにと訴えていた。翌朝、ジェリ-一家はゾンビがいるなかを外に出る。唯一の武器であるライフルに包丁を巻き付け、屋上まで向かう。途中で多くのゾンビを倒し、ようやく屋上に行き、発煙筒で合図を送り、へりに救出された。一行が向かったのは大西洋上の米海軍の船上だった。ティエリーの説明によると米合大統領は死亡、副大統領は行方不明、議員たちとも連絡が取れず、かろうじて集められた軍の首脳と国連のティエリーたちが指揮しているという。この指揮本部には、ウイルス学者アンドリュー・ファスバック博士もいた。彼は、ゾンビのウイルスはスペイン風邪のようなもので、このままではまたたくまに感染が拡大するので、最初に感染した患者を見つけ出し、ワクチンをつくる必要があると主張していた。そこで、指揮本部では米海軍特殊部隊によって援護するから、ジェリーに国連に復職しアンドリュー博士とともに最初にゾンビと打電してきた韓国に飛べというのだ。ジェリーは抵抗するが、断るなら家族の居場所は保障できないといわれ、しぶしぶ引き受け、韓国に飛んだ。米陸軍基地ハンフリーズ駐留地の空港周辺はゾンビに囲まれていた。最初の襲撃に驚いたファスバック博士はびっくりして、転倒した衝撃であえなく亡くなってしまう。それでも、他の一行は基地内に到達した。そこで、責任者のスピーク陸軍大尉から事情を聞いた。それによると、韓国軍兵士が外出し帰ってきてから、具合が悪くなり韓国人医師に診察してもらったところ、突然医師が噛まれてゾンビなったという。そして、医師と患者は次々に兵士たちに感染させたが、ただ一人足の悪い兵士だけは噛まれなかったという。その後、感染した兵士たちを監禁し焼き払ったのだ。スピーク大尉は彼らについて、物音に敏感に反応するが、焼くか頭部を撃てば殺せるという。さらに、基地に収監されている元CIA諜報員によれば、北朝鮮とイスラエルだけがこのウィルスに感染していないという。それは、北朝鮮では「将軍様」の命令で全ての人民の歯が抜かれたからだという。イスラエルは感染の前に事態を予測して国境に高い壁を巡らせたからだという。そこで、ジェリーはイスラエル行きを決める。ゾンビに囲まれながらも、何とか給油をしイスラエルに到着した。そこで、ジェリーは「モサド」の高官と会って壁の設置に至った経緯を聞いた。高官は、インド軍の交信を傍受していてゾンビの存在を知って対策を立てたのだという。しかし、そんななか、遂にゾンビの集団が壁を越えてしまった。しかし、乗ってきた米軍機は一足違いで離陸し、イスラエル軍の女性兵士セガンとともに、民間機に乗り込んだジェリー。そこで、イスラエルでも襲ってきたゾンビが避けていた人間がいたことから、彼らが何らかの病気に罹り弱っているように思ったジェリーはティエリーに連絡し、スイスのWHOの研究所に向かうことにする。しかし、目的のスイス上空で機内に潜んでいたゾンビに襲われ、戦いが始まりセガンが持っていた手榴弾を爆発させ彼らを殲滅するが、飛行機も墜落。負傷したジェリーとともにセガンはWHOまで徒歩で移動した。怪我の治療で数日意識がなかったジェリーだったが、目が覚めるとこれまで見てきた経験から、ゾンビたちは何らかの病気を発症している人間は避けるのではないかという仮説に基づいて、そうした病原菌はないかと聞く。すると、WHOの職員はそれはB棟に行かなくてはならないが、向こうはすでに皆ゾンビ感染してしまっているという。それでも、ジェリーは意を決し数人の職員とともにB棟に向かった。 原作は対ゾンビ戦争から10年後の各国でのインタビューというもの。原作では日本も出てくるがそこは、映画では一切出てこない。ただ、映画はテンポ良くまとまっている。実際、ゾンビはともかくパンデミックはいつ起こってもおかしくない。そうした背景を上手く使っていると思った。それにしても、「北朝鮮」では歯を抜いて防衛するなんて、ちょっとブラックすぎる。原作の日本編では、日本刀で対決するなど、けっこう「トンデモ本」のようだ。それを、うまくまとめてある、プロデューサーとしてのブラビの手腕が光っている。


監督:マーク・フォースター
出演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ダニエラ・ケルテス、ジェームズ・バッジ・デール、ファナ・モコエナ

2013年米・英映画   上映時間:116分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -