FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
鍵泥棒のメソッド
 伝説の殺し屋「近藤」は、ヤクザの工藤からの依頼で工藤と一緒に仕事をしていた「社長」を殺害した。一方、仕事もない貧乏役者の桜井は、家賃や税金も滞納し自殺を図るが死ねず、銭湯に行く。一方、近藤は社長の殺害の後、高級車で移動中だったが、渋滞と手についた血を見て、ちょうど目に入った銭湯に入った。隣り合わせで服を脱ぐ桜井と近藤。その際、近藤の分厚い財布を目撃した桜井は、洗い場で隣にいた男性の石けんを使おうと手を伸ばすが、それはするっと手からこぼれて、入り口の方に転がった。ちょうどそこに、入ってきた近藤は石けんに足を滑らせ、頭を強打してしまう。そのどさくさに紛れて、桜井は近藤のロッカーの鍵と自分の鍵をすり替え、まんまと近藤の衣類と財布を身につけ、その場を立ち去る。ポケットのキーで高級車が反応したので、それに乗り込み財布を確認する。そして、免許証から、「近藤」の本名が山崎信一郎で、記載された住所に向かう。すると、豪華なマンションで、クローゼットには、変装用の衣類やIDカードがたくさんあった。近藤こと山崎は残された衣類や持ち物から桜井とされ、病院に搬送された。彼は記憶喪失になっていた。翌日、病院を訪れた山崎になりすました桜井は、このまま山崎になりすまそうとし、マンションにあったクッキー缶に隠された札束を見て、散財してしまう。一方、病院を退院したものの、教えられた住所がわからない山崎は、父親の見舞い帰りの水嶋香苗と出会い、彼女の車で桜井のアパートに送ってもらった。香苗は周囲に数ヶ月後に結婚すると公言している雑誌『VIP』の編集長だ。二人とも、几帳面な性格で、結構気が合うので、山崎の記憶喪失ということもあって、何かと面倒をみるようになる。ある日、桜井のマンションに電話が入り、工藤が500万円出すから、社長の愛人も殺してくれという依頼だった。金を現在は山崎がいるアパートの郵便受けに持ってくるように言う桜井。しかし、工藤は「社長」が愛人に金を残してるはずだから、愛人から金のありかを聞き出して、殺せばそこから500万円払うというのだ。その愛人は中学生の息子と二人で団地に住み、近所のスーパーでレジの仕事をしていて、とても金がありそうには見えない。桜井は、彼女に近づきマンションを借りたのでそこに息子と二人で隠れろという。しかし、そのやりとりは、工藤に盗聴されていた。一方、山崎の方も香苗と親密になるが、彼女の父が亡くなってしまう。彼女を慰めようと、一緒に彼女の父親の残したレコードを聴くが、それは山崎も好きだったベートーヴェンの弦奏四重楽奏で、聞いているうちに突然記憶が蘇り、本来のマンションに戻るのだった。そして、桜井と遭遇し、いきさつを全て理解する。ただ、山崎は殺し屋ではなく、実は単なる便利屋で、殺しの依頼を受けると殺害相手とも会い、事情を話しそちらからも金をもらい、殺しの芝居を打って、逃亡させるというものだった。すると、マンションには工藤もやってくる。この事態を何とかしようとする二人。しかも、そこには香苗まで入ってくる。
 設定としておもしろいのだが、細かいところにけっこう突っ込みどころがある。第一このごろ、昼間の銭湯にそこそこ満員なるのだろうか。しかも、山崎は他の客とは違い、スーツを着ていた。それを、桜井が着て帰るということは、いかに混乱していても番台の主人が見逃すことはないだろう。さらに、車はキーがあれば何とか乗れるだろうが、山崎の自宅マンションがまったくのセキュリティ無しというのも解せない。隣の部屋まで万一のため借りていたという設定なのに、本丸に工藤らのヤクザがずかずかと入ってくるというのも、納得しがたい。もう一点、山崎が貯め込んでいた金も桜井が浪費したことになっているが、すっかりなくなるというのもおかしい。総じて、この作品はある意味「コンゲーム」なのだから、細かい点も含めた設定にしないと、つまらなくなってしまう。


監督:内田けんじ
出演:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々 、森口瑤子 、木野花 、小野武彦

2012年日本映画      上映時間: 128分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30