FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
ザ・マスター
 第二次世界大戦に海軍兵として参戦したフレディは、戦争のストレスからアルコール依存症になる。戦争から帰還しても、PTSDとアルコール依存から抜けきれない。デパートのフロアーで写真館の仕事に就くが、店の女性をナンパしたり、気にくわない客と殴り合いすぐに辞めてしまう。その後も農作業の仕事をするが、手作りのアルコール飲料をメキシコの老人に勧め意識をなくさせてしまい、ここからも追われてしまう。1950年フレディは、酔って港を歩いていて、偶然見かけた船に乗り込んでしまう。その船はランカスター・ドッド、通称「マスター」率いる新興宗教「ザ・コーズ」の信者や家族の乗る船だった。マスターはフレディを咎めることなく、持っていた自家製アルコール飲料が気に入ったということで、もっと作ってくれるなら航海に同行させるという。そして、フレディはマスターからカウンセリングを受け、心の闇からすこしづつ解放されていく。そしてマスターへの心酔から、彼への批判的な人物を暴力で叩きのめす。そして、マスターを警察が逮捕に来るが、その際フレディが盾になろうとして共に捕まってしまう。留置場で二人は罵りあい、反目するが、フレディはマスターの元に戻る。ただそんなフレディに批判的なのは、マスターの妻ペギーで、フレディに禁酒を迫る。マスターは気まぐれで、娘夫婦とフレディと大平原でバイクをすっ飛ばす。すると、フレディはバイクに乗ってそのまま行方をくらませる。そして、かつての恋人の元を訪ねるが、彼女はすでに結婚して遠くで暮らしている。再び、酒浸りの生活を続けているフレディはマスターたちがイギリスで活動していることを知り、イギリスに向かう。しかし、かつてのような関係には戻れない。
 コーズのうさん臭さやマスターについてはさっと表面だけが描かれている。このマスターと対じするフレディはアルコール依存症で母親が精神を病んでいたということもあって、不安にさいなまれている。そうした不安定な精神と葛藤するためかフレディは暴力とアルコールにのめりこみ、猫背でポケットに手を入れて鋭い眼光で睨みつけている。結局のところホアキンと、フィリップシーモアの演技合戦を見るだけになってしまう。内容もフィリップシーモアがアカペラで歌ったり、女性だけがなぜかヌードになっていたり、あまり理解できない場面も多々あった。全体的には一般受けはしない作品だ。それは、前作「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は3人の観客だったが、今回も5人という数字に表れている。


監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、アンビル・チルダーズ、ローラ・ダーン

2012年米映画    上映時間:138分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -