FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
クラウドアトラス
 この作品は6つの物語から構成されている。最初は1849年アダム・ユーイングの物語。彼は妻の父親から頼まれた奴隷売買の契約書をもって南太平洋のチャダム諸島からアメリカまで船で帰途につく。その間の話が「太平洋航海記」として出版された。次は1936年若き音楽家フロビシャーがユーイングの航海記を読んでいる。彼は「クラウド・アトラス 六重奏」を作曲するが、高名な老作曲家エアズに奪われそうになり、彼を銃で撃って自らも死を選ぶ。そして、彼の同性愛の恋人シックススミスに最後の手紙を書いた。1973年物理学者となったシックススミスは、原発事故に関するデータを持っていた。そこで、偶然知り合ったジャーナリストのルイサ・レイにその文書を渡そうとするが、殺し屋に狙われる。次に2012年、ルイサの書いた「半減期」という本を読んでいるキャヴェンデッシュは、出版社を経営している。出版したある本が、作者自身殺人事件を冒し、話題となりベストセラーになった。しかし、作者の弟たちに法外な金を要求されたため兄に助けを求めた。すると兄は、キャヴェンデッシュを老人介護施設に監禁してしまう。さらに2044年ネオソウルでは合成人間が酷使されていた。複製種ソンミ451は革命家のチャンに助けられ、彼らとともに戦う。しかし、戦いは敗北し2321年のハワイには、ソンミの言葉だけが語り継がれていた。しかも、文明は崩壊し、島民たちは未開の生活をしていた。
 基本的には、奴隷制度や同性愛者さらには人造人間といった異なるものへの差別と偏見へのアンチという視点や原発といった人間の生存を脅かすものへの対峙が主題となっている。それが、時系列ではなく、本や音楽、映画といった物語のキーとなるところで、場面が変わったりするので、けっこうわかりづらい。それでも全体を通して、人間は結局、強欲と他人を虐げるという属性からか、やがて文明ともども滅ぶといった暗示をおこなっているようにも見て取れる。ただ、その最後の望みの避難先が宇宙で、地球がはるか遠くに見えるところというのも、何か印象的だった。また、魂というのか転生が繰り返されるごとに浄化されていくというくだりがトム・ハンクスによって描かれているのだろうか。なかなか考えさせられた作品だった。


監督:ラナ・ウォシャウスキー 、トム・ティクヴァ 、アンディ・ウォシャウスキー
出演:トム・ハンクス、ハル・ベリー、ペ・ドゥナ、ヒュー・グラント、スーザン・サランドン

2012年米、独、香港、シンガポール映画
上映時間:172分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -