FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
屋根裏部屋のマリアたち
 1962年のフランス、パリに住むジャン=ルイは3代続く証券会社を経営する資産家の中年男性だ。姑の死を契機にジャン=ルイの妻シュザンヌは家の模様替えをしようとしていた。すると、先代からの家政婦は大奥様の思い出がつまった部屋を変えるなんてと反対し、辞めてしまう。そこでシュザンヌは友だちから今はスペイン人の家政婦が大半を占めており、フランス人よりよく働くというので、スペイン人の集まる教会で一番若いマリアを雇うことにする。マリアは叔母コンセプシオンを頼ってフランスにやって来て、住まいはジャン=ルイ家のあるアパルトマンの6階にスペイン人の家政婦たちが住んでおり、そこにマリアも入居する。マリアは初日、これまで妻のシュザンヌが一切家事をやらないのでたまっていた炊事洗濯アイロンかけをスペイン人家政婦に手伝ってもらい好印象を与える。何よりジャン=ルイは朝食の半熟卵のゆで加減にこだわっていて、満足する。これまでのようなお婆さんの家政婦から若い家政婦に変わったことで、彼女に興味を抱くジャン=ルイは、自分の家の物置が6階にあり、マリアの部屋を覗く。するとスペイン人家政婦たちがトイレが詰まっていると訴える。すぐに修理を依頼するジャン=ルイ。これを契機に彼女らとうち解けるようになるジャン=ルイは、いろいろと面倒をみるようになる。一方、会社ではシュザンヌたち奥さま連中が警戒する派手な寡婦が顧客となり、ホームパーティにも参加する。妻はすっかり、この女性にのめりこんでしまったと勘違いする。一方、ジャン=ルイはスペイン人たちの面倒をみて感謝され、彼女らのコミュニティにも参加し人生の楽しさを感じるのだが、一番の目当てはマリアだった。そんな折り、シュザンヌの誤解がもとで浮気を疑われたジャン=ルイは家を出ることになる。行き場がなく、仕方なく6階の物置で寝泊まりすることになったジャン=ルイ。そこで、彼女たちとますます仲よくなり、これまでの人生が何と味気ないものだったかと振り返り、かえって生き生きとする。しかし、マリアの叔母コンセプシオンは、ジャン=ルイとマリアの関係を見抜き、これまで秘密にしてきたことを明かすことにする。それはマリアが最初に家政婦として働いた家で、そこの主人に見初められ息子を産んだという過去があり、その子どもが相手側で育てられその所在すらも教えてもらえなかったのだ。その子どもの居場所を教えるから、ジャン=ルイとも深みにはまらないうちにスペインに帰れと言うのだった。そして、慌ただしく帰国を決めそのことを伏せて、ジャン=ルイの部屋を訪ね一夜をともにして帰国してしまったマリア。彼はマリアとの未来を考え、証券会社の社長のの座も譲り、妻とも離婚し、さあこれからと思った矢先マリアが突然いなくなった。それから、3年スポーツカーを駆ってスペインを訪ねたジャン=ルイ。マリアとの再会は。
 スペイン内戦以降のフランコ将軍による軍事独裁政権が続いていた時代。「日曜日には鼠を殺せ」という作品でスペイン内戦に参戦し一旦はフランスに住み時折り、スペインにゲリラ的に戦いを挑んだ年老いた活動家の名作があった。そうしたなかで、フランスに出稼ぎに来ていた家政婦たちの物語だ。同じアパルトマンに住んでいることもあって、朝は7時前から夜は9時頃までの勤務だ。それにしても、いくら富裕層の妻であっても炊事や洗濯ぐらいの家事ぐらいはしたらと思ってしまう。しかも、シュザンヌは田舎出身だと言っていたのだから、まさか田舎のブルジョア出身ということもなかろうと思う。何か成り上がりにの傲慢さが滲みでていた。ただ人の幸せ感はやはり金ではあがなえないということも含め、よくできた作品だと感じた。


監督:フィリップ・ル・ゲ
出演:ファブリス・ルキーニ、サンドリーヌ・キベルラン、ナタリア・ベルベケ、カルメン・マウラ


2010年仏映画      上映時間:107分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31