FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンカーン弁護士
弁護士のミック・ハラーは黒塗りのリンカーン・コンチネンタルの後部座席事務所代わりに使う敏腕弁護士だ。いくつもの、案件を抱えてきぱきと仕事をこなしている。麻薬売人や「娼婦」なども顧客としている。ある日保証金立替業者ヴァルから、資産家の青年ルイスが女性を撲打したとして拘留されているので、弁護を引き受けるようにすすめられた。さっそく、面会に行き事情を聞くと、バーで会った女性レジーナから誘われ、自宅に行くといきなり殴られ失神していると、近所のゲイのカップルに取り押さえられ、警察に連行されたのだという。レジーナが顔面を殴られたという写真や身体の傷などは自分がやったものではないというのだった。しかし、検察側の持っている証拠には、ルイスのイニシアルの入ったナイフがあり、レジーナの証言によると、ルイスが家に入ってきていきなり殴り、ナイフで脅されたので瓶で殴り命からがら逃げ出したのだというものだった。レジーナの写真からミックは4年前のある事件を思い出した。それは、同じような殴られ方をした女性が殺され、マルティネスという男が容疑者として逮捕された。彼は被害者の(娼婦)ドナと関係を持ったが殺していないと主張した。弁護を担当したミックは二つの事件の類似点を直感した。そこで、調査員のフランクに調べるように依頼。すると、意外な事実がわかった。この4年前の事件でもルイスの存在が浮かび上がった。実はアメリカの法廷では依頼者と弁護人の間には「秘匿特権」という制度があり、依頼者の不利になることは告発もできないという。そんなおり、フランクが射殺されて発見された。しかも、使われた凶器はミックの持っていた銃だ。ミックはルイスにドナ殺しの件を追及すると、あっさり認めてしまった。ここで、ミックがなぜ弁護士として雇われたのかの真相が明らかになった。そこで、ミックは法廷では、最後までルイスの無罪を獲得するための弁護をおこなうものの、ある仕掛けをするのだった。
 「ワル」を相手にけっこう適当にやっている弁護士だが、別れた女性検事の元妻とも一人娘を介して上手くやっている。ただ、父親の遺言通り冤罪を憎んでおり、自分が荷担させられた事件のリベンジを果たしたり、ミステリーとしても法廷劇としてもテンポ良く展開されおもしろかった。

監督:ブラッド・ファーマン
出演:マシュー・マコノヒー、ライアン・フィリップ、マリサ・トメイ、ウィリアム・H・メイシー、ジョシュ・ルーカス、フランシス・フィッシャー、マルガリータ・レヴィエヴァ

2011年米映画      上映時間:119分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。