FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
未来を生きるきみたちへ
 デンマークに暮らすスウェーデン人医師のアントンは、アフリカで難民キャンプに避難している人々の治療を行っている。ここに運ばれてくる患者のなかには、「ビッグマン」と呼ばれるボスが仲間うちで妊婦の子どもの性別を賭けの対象にして、確かめるために腹を切り裂くということがしばしば起きていた。一方、デンマークには、アントンの妻マリアンと中学生のエリアスと幼い弟のモーテンが暮らしていた。エリアスは学校で、ガキ大将のソフスらに毎日いじめをうけ自転車の空気チューブを抜かれていた。そこに転校してきたのがクリスチャンだった。彼はいじめの現場に遭遇するが、エリアスに同情し彼の肩を持ち、逆にボールをぶつけられてしまう。翌日も同じようないじめがあり、誰にも言うなというソフスに対してクリスチャンが空気入れでソフスを殴り倒した上でナイフで脅し「二度と手を出すな」と言い放った。これは、問題になるが、エリアスの機転でナイフを隠し一応和解が成立する。
 こうしたなか、アントンが帰国する。しかし夫婦は別居中なので、二人の子どもが父親とともに久しぶりの休日を楽しみ、母親のいないクリスチャンも一緒にドライブを楽しんだ。幼いモーテンがブランコに乗りたいかけだして、そこで子ども同士がけんかとなった。それを仲裁しに入ったアントンに相手の子の親ラースにいきなり殴られるアントン。理不尽な行為に抗議するが一方的にまくし立てるラースはさっさと子ども連れて帰ってしまう。翌日このラースを見かけたエリアスとクリスチャンはネットで彼の職場を割り出す。子どもたちに促され、ラースの元を訪ねたアントンたちだが、スウェーデン訛りを指摘されまったく反省のそぶりもみせず、再び殴りかかってくる始末だった。アントンは反撃せず、子どもたちに理をもって話す態度の重要性を身をもって示す。しかし、子どもたちは、殴り返さないといじめと同じで相手に非をわからせることはできないと主張する。そうして、アントンが再びアフリカに戻ると、クリスチャンが祖父の残した大量の花火を発見する。それは、現在では、手に入らないような危険な量だった。そこで、クリスチャンはネットで爆弾の作り方を見て、爆弾を作りラースの車を爆破することを思い立った。乗り気ではないエリアスも巻き込んで爆弾作りが開始された。
 原題は「復讐」ということらしい。子どものいじめ、これに対して大人は暴力はだめという。しかし、一方でやられたらやり返せという大人も大勢いる。「報復はあらたな抗争の火だねになる」ということも真実である。こうした背景に格差や民族といった社会的要因があることも事実で、子どもの未成熟性と大人であっても理性が欠如していることによる暴力を是とする普通の人々が多く存在するまさに現代の状況をわかりやすく描いている。


監督:スサンネ・ビア
出演:ミカエル・パーシュブラント、トリーヌ・ディルホム、ウルリク・トムセン、ウィリアム・ヨンク・ユエルス・ニルセン、マルクス・リゴード

2010年デンマーク、スウェーデンデン映画   上映時間:118分
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -