FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
青い塩
 韓国ヤクザの連合組織のボスがある日交通事故で入院した。彼の跡目は遺言状にしたためられていた。その本命とみられているのが、ドゥホンだったが数ヶ月前にヤクザから足を洗い、母親の故郷である釜山に引っ込み、レストランをやるために料理教室に通っていた。その教室の級友に若い女性セビンがいた。彼女は実をいうとヤクザから便利屋としてドゥホンを見張るという仕事を引き受けていた。それというのも、元々セビン射撃の選手だったが、コーチが飲酒運転をして捕まり、選手生命を絶たれてしまい、親友の借金の返済もあり、ヤクザの手先になっていたのだった。一方ドゥホンの元に弟分エックから交通事故で入院中の兄貴分が亡くなったことが伝えられた。ドゥホンはその死に疑問を抱き、その死の真相を探ろうと再び、ソウルに戻る。しかし、跡目の遺言状を一門の集まりのなかで、燃やしてしまう。彼は引退したのだから、今さら跡目を継ぐ気はなかった。そんなドゥホンを煙たがるのが、ギョンミンだった。彼こそが裏で絵を描いていた張本人だった。そうしたこともあり、ドゥホンを殺すよう殺し屋が送り込まれる。セビンもまた殺しを依頼された一人だった。しかし、彼女はドゥホンに心を許していて、一端は親友のウンジョンを使って車で跳ねるが、何とか助かる。その後も殺し屋Kとともにふたたび、ドゥホンを狙う。そんな時セビンがドゥホンを見張っていて、病気で倒れてしまう。偶然彼女を見つけたドゥホンは、自らのマンションに連れて帰り看病する。そして、何とか元気になったセビンが殺し屋の狙う赤外線の光を見つけ何とか助けるが、マンションにはギョンミンの配下が襲ってきた。一端は国外に逃れることを考えるが、しつこい殺し屋Kにつけ回され、ついにセビンが「私が殺す」と銃をドゥホンに向けるセビン。
 恋愛映画でもなく、アクション映画でもないという中途半端な映画だ。ヤクザの抗争とったあたりも中途半端だ。ソンガンホも若い娘と仲良くはなるものの、酔っていても突然シャキッとなって立ち回りをしたりして、ただ者ではないところをみせつける。とは言え、やくざ同士の抗争、殺し屋組織といったあたりの描き方がいまいちわかりづらかった。とにかく最後はハッピーエンドにはなるのだが、セビン役のシン・セギョンは華奢で顔もそんなにかわいいということもなく、ライフルを持てるのかという心配してしまった。


監督:イ・ヒョンスン
出演:ソン・ガンホ、シン・セギョン、チョン・ジョンミョン、イ・ジョンヒョク、キム・ミンジュン


2011年韓国映画    上映時間:122分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30