FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
レ・ミゼラブル
一本のパンを盗み、19年もの長きにわたって監獄生活を送ってきたジャン・ヴァルジャンはようやく仮釈放をされることになった。しかし、半年ごとに警察に出向くことが条件だった。しかし、彼が行く先々では元囚人というこtで、仕事もなく腹を空かせた彼を迎えてくれたのが、とある教会の司教だった。そんな親切に対して、彼は夜中に銀の食器を盗んで教会から姿を消した。翌日憲兵に連れられ、教会にやって来たジャンは食器は司教からもらったものだと主張していた。すると司教はその通りだが、これを忘れていったと、さらに銀の燭台までジャンに持たせるのだった。そこでジャンは心を入れ替え、正直者に生まれ変わる決心をした。それから数年後、工場を経営し市長となったジャン。そんな彼の下にシャベール警部が赴任する。一方ジャンの工場で働いていたファンティーヌはささいなことで工場を解雇されてしまった。彼女にはコゼットという幼い娘がいたがある宿に預けて仕送りをしていた。娘への送金のため自らの髪を売り、とうとう娼婦になってしまう。いっぽう、ジャンは自分に間違えられて捕まった男のことを知り、自らが名乗り出ることにする。そうした時、病気のファンティーヌと合い彼女が自らの工場を解雇されていたことを知り、彼女を病院に連れて行く。その際、娘のコゼットのことを気にしながら息を引き取る。ジャンは再びシャベールに追われながらも、コゼットの預けられた宿に向かった。その宿の経営者のテナルディエ夫妻は悪徳で有名で、ジャンから大枚の金をとりコゼットをようやく帰すのだった。そして、二人は何とかパリに入り、数年が経過する。時は一端王政が倒されてから、再び王政が復活し多くの民衆は貧困にあえいでいた。そんななか、学生たちは革命にむけて準備をしていた。そんななかにマリウスという学生がいた。そのマリウスと成人したコゼットが一目で恋におちてしまった。このマリウスの側にはテナルディエの娘エポニーヌがいた。彼女はテナルディエ夫妻がパリでも悪いことをしていて、その手伝いをさせられているのだがマルセルに片思いをしている。そんななか、マルセルたちは、蜂起を準備していた。そしてバリケードに身を投じる決意をしたマルセルはコゼットに手紙を書く。しかし、警察や軍隊に包囲されたマルセルはあやうく命を落とすところをエポニーヌが身代わりとなって死んでしまう。マリウスからの手紙を見たジャンは、マリウスを死なせてはならないとバリケードに入り込む。そこで、潜入しようとして正体を見破られたシャベールを処刑する係となったジャンは密かに彼を逃がしてしまう、そして圧倒的な軍隊がバリケードを包囲する。
 ジャン役のヒュー・ジャックマンは最終的には60代になっているはずなのに、そんな風には見えなかった。ただ、歌う場面は撮影現場でそのまま撮影していったそうだ。それは、息継ぎなどでも再現されていた。一番心躍ったのはバリケードで蜂起した場面だった。実際の革命が成功するのは舞台となった時代から数十年後のことだが、エンドロールでバリケードの場面があり印象的だった。


監督:トム・フーパー
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン、アーロン・トヴェイト

2012年英映画   上映時間:158分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -