FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
のぼうの城
 織田信長の後天下統一にむけ豊臣秀吉が、最後に残った、関東の雄・北条攻めをおこなった。関東には北条の二十を超える支城があった。そこに秀吉軍が総攻撃をかけることになった。そのうちの忍城では城主成田氏長は小田原城の守備のため手勢を引き連れて出発。氏長は叔父でもある家老の成田泰季に後を託すのだが、密かに豊臣方に内通し降伏する旨を伝えてあった。一方、豊臣方は秀吉が石田三成を忍城攻めの総大将に任命する。日頃から他の諸侯から三成は武功のなさを指摘されていたから、降伏の密約のある忍城攻めにあえて三成を指名したのは秀吉の配慮であった。三成は参謀の大谷吉継、長束正家らとともに2万の大軍を率いて忍城に向かった。一方、忍城では、成田泰季が突然倒れてしまう。後は、泰季の子で城主氏長の従兄弟である成田長親が引き継ぐことになる。しかし、この長親は領民からは「のぼう様」の愛称で呼ばれていた。のぼうはでくのぼうからとったもので、日頃から百姓たちにまざって田楽囃子に乗った田植えを見物するのが趣味だった。たまに、農作業を手伝うが、かえって百姓たちの手間を増やすだけなので、もっぱら見学だけということになる。この長親と幼なじみで歴戦の強者、正木丹波に城に連れ戻され、軍議を開く。主戦派は剛勇の柴崎和泉守と自称知将の酒巻靱負だ。しかし、肝心の長親は態度を決めかねている。2万の大軍に対し、忍城には500の将兵しかいない。そこに、三成の命を受けて、長塚正家が尊大に振る舞い、早々に降伏し開城をするよう申し入れに来た。そうすれば、領地は安堵するというのだ。ただ、当主氏長の一人娘甲斐姫は秀吉の側室として差し出せというものだった。すると、突如長親は「戦う」というのだった。密かに長親に恋心を抱いていた甲斐姫は「私のために開戦を決意した」と思いこむ。開戦の知らせは百姓たちにも伝えられる。すると、「のぼう様」が決めたのならと百姓たちも手に手に武器を携え、食料を持って城に結集する。三成は、これで武功を上げられると期待する。そして、2万の大軍を忍城に進軍させる。三成は本陣を丸山古墳に置いて様子を見ていた。しかし、少数の忍城の将兵だが、城の周りにある堀や池など地の利を生かし、三成軍を撃破する。すると、三成はかつて秀吉とともに参戦した高松城を水攻めにしたことを思いだし、ここも水攻めにすることを決意する。すぐさま突貫工事が開始され、周辺の百姓たちに金の力を見せつけ堤を完成させ利根川と荒川の水を引き入れ忍城を水に浮かぶ城にしてしまった。城では、将兵や百姓たちが意気消沈し、敗北感に覆われていた。そこで、長親がある夜、意を決して船で丸山古墳に向かった。長親は顔を白塗りにし、田楽囃子をバックにいきなり船上の舞台で踊り出す。すると、三成軍の兵たちは手拍子をならし、すっかり長親の踊りに引き込まれてしまう。苦々しく思った三成は狙撃兵に長親を撃つよう命ずる。衆目のなか、長親は撃たれ水上に消える。すると、忍城側では、驚愕とともに再び士気が高揚する。さらに、堤の外にいた忍の百姓が「のぼう様を撃ちやがって」との思いから、堤の土嚢を外しはじめた。すると、周辺の百姓たちも駆けつけ遂に、堤を決壊させるのだった。
 元々、和田竜の映画脚本で松竹の木戸賞を受賞したものの、映画化は難しいとされ、小説にリライトされベストセラーをへての映画化だ。しかも水攻めのCGシーンが津波を連想させるとの配慮から上映が一年以上延期されてきた作品だ。野村萬斎のコミカルな演技と田楽囃子にのった踊りはさすがだ。CGの技術も駆使して見応え充分のできといえる。とは言え、水攻めの場面は、津波のような水が押し寄せるようになっていた。現地から見ると、利根川と荒川から水を引き入れたわけで、映画のような水が押し寄せるということにはならないと思った。ともあれ、邦画としてはテレビの焼き直しやコミック映画化に比べ格段によい作品になったと感じた。


監督:犬童一心、樋口真嗣
出演;野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、市村正親

2012年日本映画     上映時間:145分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30