FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TIME/タイム
 遺伝子操作で寿命がコントロールされ、人間は25歳で成長がストップしてしまう。そこからは、基本的には1年の寿命が与えられる。しかも、金銭は残りの寿命でやりとりされようになった。そのため、富裕層の余命は100年を越え、貧困層は残り少ない余命を賭けでやり取りしていた。そして、寿命が尽きれば死んでいってしまう。スラム地区に住むウィルは毎朝目覚めると、残り余命が24時間を切っている。ある夜、ウィルは自殺願望の大富豪ハミルトンを、彼の時間を奪おうとしたギャングから助けたことで、116年分の時間を貰った。ところが、母を喜ばそうと思っていたが、急なバス運賃の値上げで帰宅するバスに乗れなかったため、時間切れでウィルの目の前で死んでしまった。そこで、ウィルは友達に10年分の時間をあげて、町を出ることにした。巨大な防壁で囲まれた富裕地区に入り込んだウィルは最初にカジノに行った。カジノでは、超大富豪のフィリップ・ワイスと勝負し、ここでも大儲けする。そこで知り合ったワイスの娘シルビアと仲良くなり、ワイスの家に招待される。しかし、時間監視員のレオンはそこら中に張り巡らされた監視カメラの画像からウィルがハミルトンを殺して時間を奪った疑い、彼を追跡していた。ウィルが高級車を手に入れ、ワイスの家で開かれたパーティに出席し、シルビアと再会を喜んでいた時、レオンが部下を引き連れウィルを拘束し彼の時間を全て没収してしまった。しかし、ウィルはシルビアを人質に逃走する。ウィルはシルビアの身代金を要求する。しかし、父親のワイスは容易に応じない。そこで、ウィルはシルビアとともにワイスの経営する銀行に押し入り、金庫の時間のストッカーを奪い、残り時間の少ない人々に分け与える。彼らを執拗に追うレオンとの死闘が続く。そして、レオンと決着をつけシルビアとともに残り少ない時間を共有しながら歩き始める。
 腕に、それぞれの残り時間がデジタル時計のように浮き出るという仕組み。この余命が経済活動に転嫁されるということだが、この映画の本質はいわば、この間も強欲資本主義を揶揄したものに他ならない。文字通りタイムイズマネーなのだが、格差が広がりすぎ、貧困層で結婚もは子どもつくることもままならないといった、現代の日本にも通じるような描写がある。そうした意味で、ほんの数パーセントの富裕層が永遠に時=冨を独占するといった構造を浮き彫りにする。ただ、人間にとっての幸せとは何なのかということも冒頭のハミルトンが時間を持て余し、自らの死を選択するというなかに現れている。つまり、永遠の若さと冨だけでは幸福と思えないと思う空虚な思いにかられるのだろう。なかなか背景が深く、楽しめる作品と言える。


監督:アンドリュー・ニコル
出演:ジャスティン・ティンバーレイク、アマンダ・セイフライド、キリアン・マーフィ、ビンセント・カーシーザー、オリビア・ワイルド

2011年米映画    上映時間:109分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。