FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麒麟の翼
 東京日本橋、日本の道路の起点となっている。その橋には翼を付けた麒麟像がある。その像の前に一人の中年男性がナイフを腹部に刺さったままで倒れていた。通りかかった警察官によってすぐに救急車が手配され病院に搬送されたが、亡くなってしまう。被害者は青柳武彦55歳でカネセキ金属の製造本部長だった。その現場からほど近い場所で不審者として警官に職質をかけられようとして逃げ去った男がトラックに跳ねられて、意識不明の重体に陥った。彼は八島冬樹26歳で、被害者の鞄を持っていたため、容疑者として浮かび上がった。矢島には中原香織という同棲相手がいた。彼女が病院に駆けつけ八島と対面してショックのあまり失神し、妊娠中だということもわかった。この事件の捜査本部には、地元所轄署の加賀恭一郎とともに加賀の従兄弟でもある警視庁捜査一課の松宮脩平も加わり二人のコンビで捜査を担当する。捜査を進めるなかで、八島がカネセキ金属に半年間前派遣社員として働いていたことがわかる。しかも、八島はそこで労災事故によって怪我をしたにもかかわらず、カネセキ金属も派遣元もこの労災事故を隠していた。すると、これを隠蔽したのが青柳で、この時解雇されたことを恨んでの犯行ということになろうとした。しかし、加賀だけは、青柳の足取りを地道に捜査し、彼が水天宮をはじめとした、この地区の七福神に色違いの千羽鶴を奉納していたことを突きとめる。そして妻史子、高校生の息子悠人、娘の遥香らは生前の青柳のことをそれほど深くは知らなかった。一番疎遠だったのは悠人だった。彼は中学生までは水泳部のホープとして活躍していたが、水泳大会を機に退部していた。そのこと聞かれて父とはまともに口を聞いていなかった。一方、捜査は八島が死亡してしまったため、確認ができないまま、彼の犯行として幕が引かれようとしていた。しかし加賀だけは、青柳の足取りから事件の原点が麒麟像にあることを突きとめ、それを悠人に知らせる。そこから、事件は意外な方向に転換する。
 ひとつの殺人事件から、派遣切り、労災隠し、いじめ、格差社会、家族の絆といった様々な視点から事件が解明されていく。「事件によって心が傷つけられた人がいるなら、その人だって被害者だ。そういう被害者を救う手立てを探し出すのも、刑事の役目です」という加賀のことばにあるように死に直面した人間からのメッセージには強い意味があるということだが、本来は死ななくともよかったという意味も含め、印象的だった。それと看護師金森登紀子の存在がほっとさせてくれる。


監督:土井裕泰
出演:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、田中麗奈、黒木メイサ、中井貴一

2011年日本映画  上映時間:129分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。