FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冒険者たち
 作家の山本一力がラジオで一番好きな映画は「冒険者たち」と言っていた。公開が67年ということで、まだビデオやDVDのなかった頃だから、関東圏でこの映画が再上映されるたびに、千葉や茨城あたりまで観に行っていたそうだ。その話を聞き、そういえば昔観たけど、主題歌の口笛の旋律が耳に残っており、さっそく、DVDで見直してみた。けっこう忘れていた。 世界最速の自動車エンジンを個人で開発中のローラン。彼の廃車のヤマの中にある研究室兼自宅に、若い女性が訪ねてきた。彼女はレティシアといい、前衛芸術家だった。車の廃材を使って作品を製作するための材料を分けてもらいたいと依頼に来たのだった。しかしローランは今は忙しいと言いつつ、車で出かけるところだった。それで、話は後と一緒に出かけることになった。行った先は、ローランの親友のマヌーがアクロバット飛行をしているところであった。こうして出会った3人がそれぞれの夢にむかって努力をするのだが、3人とも挫折してしまう。そして運をルーレットに託すもこれまた失敗。それで、マヌーを騙した保険屋から聞き出した情報から、3人でコンゴにむかうことになった。それは、コンゴの沖の海底に墜落した飛行機があり、その飛行機には大富豪が乗っていたという情報であった。入念な下調べと、潜水等の準備をしてコンゴに到着。そこで、飛行機を操縦していたパイロットともども、ついに財宝を発見することができたのだが、それを横取りしようとやって来た、危ない連中と銃撃戦になり、レティシアが巻き添えで死んでしまう。財宝は手に入れたものの、むなしさに襲われるローランとマヌー。実は二人とも、レティシアに恋心をいだいていたのだ。二人は、レティシアに潜水服を着せ海の底に葬った。その後、大金を手にした二人はレティシアの郷里を訪ね、彼女が好きだった、元ドイツ軍が第二次大戦中、要塞として使っていた「要塞島」に上陸した。そこで、もう一波乱があるのだが。 男二人女一人というシチュエーションは、仏映画では「太陽がいっぱい」や「突然炎のごとく 」でもあるのだが、「冒険者たち」ではレティシアは結局、どちらとも結ばれることなく死んでしまうのだが、マヌーとローランの男の友情は固く結ばれていた。アラン・ドロンはかっこいいのだが、この映画ではやはりリノ・ヴァンチェラのほうが渋くてよかった。ところで、コンゴ沖で見つけた財宝のうちのダイヤモンドはけっこう大きいものがたくさんあったと思う。そこで先だって観た「ブラッド・ダイヤモンド」で説明されていたように、あれほどのダイヤは普通のルートではさばけるものではないということだ。だから、都合良く登場した悪党一味の裏付けということになるのではなかろうか。いずれにせよ、都合の良い場面が続くのだが、細かいことはおいてもなかなかの傑作だ。

監督 ロベール・アンリコ
出演 アラン・ドロン 、リノ・ヴァンチュラ 、ジョアンナ・シムカス
1967年仏映画 上映時間 110分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。