FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2021/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
ステキな金縛り
 早くして亡くなった父の後を継いで弁護士になった宝生エミは、絶不調の日々を過ごしていた。速水法律事務所に勤務するが速水所長から、これがラストチャンスという最後通牒を突きつけられた。そこで、うけたのが美術品のバイヤー矢部鈴子殺害事件だった。彼女は自宅マンションから転落死し、部屋も荒らされていた。部屋から発見された一個のボタンは別居中の夫・矢部五郎のジャケットのものと判明し、奥多摩山中で見つかった五郎が妻殺しの容疑で緊急逮捕された。しかし、五郎は事件当日は多摩山中の旅館「しかばね荘」に宿泊し、しかも落ち武者にのしかかられ、金縛りにあっていたというのだ。宝生は裏付けを取るため、しかばね荘に赴いた。矢部は勤めていたパン屋が倒産したため、死のうと奥多摩に出かけたのだが、死ねずにしかばね荘に泊まったという。それも、寝ていたところ、落ち武者の幽霊にのしかかかられ身動きできない金縛りにあっていたと主張している。宝生はしかばね荘の経営者夫婦から状況を聞き、幽霊の出る部屋に泊まることにした。すると、やっぱり落ち武者の幽霊が現れた。すると、たしかに事件当日、矢部の上にのしかかっていたという。そこで、宝生はその落ち武者が更科六兵衛という北条氏直に仕えた侍大将だったが、太閤秀吉に攻められた折り、自軍の敗北が六兵衛の裏切りによるものと誤解され打ち首になった過去をもつ。その悔しい思いで、成仏できずにさまよっていたというのだ。彼を伴い、速水法律事務所の速水所長の元に急行した宝生と六兵衛。しかし、速水には六兵衛の姿が見えないのだ。それでも、何人かの人にははっきりと見えるのだ。こんな状況で、裁判ははじまる。しかも、検察官は小佐野という死後の世界などまったく信じていない人物が担当する。裁判長の菅は亡くなった宝生の父をよく知っている好人物だ。そこで、暗くなって出廷した六兵衛が見えない人が大半のため、エミが通訳していたが、直接六兵衛が応えるために速水の好物のラムネ笛に空気を吹き込み音を鳴らす方法で、はいは一回、いいえは二回ということで証言することになった。そして、事件当日の矢部のアリバイを証明する。しかし、以外にも小佐野検事にも六兵衛が見えていたのだ。しかし、彼は反対尋問で六兵衛は北条家の裏切り者で幽霊となって、どうして人を金縛りにするのかという質問をする。しかし、六兵衛は自らの冤罪を晴らすことも金縛りにした理由について、きちんと回答できなかった。六兵衛の起用が決定的なものとならなかったため、殺された矢部鈴子を六兵衛に呼んできて欲しいと頼むエミ。そして、被害者が現れて、自らを殺した真犯人を指摘するという段取りになった。現れた被害者が何を語るのか。
 更科六兵衛という幽霊を出すために、殺人事件が二の次になってしまっている。そもそも、被害者は殺された場所から、自宅に移動させられている。しかも、殺人事件の被害者ならば、当然解剖もされるから、本人か否はすぐにわかるはずだ。さらに、当初容疑者として逮捕された矢部五郎は別居中の妻のマンションに落ちていたジャケットのボタン一個だけが証拠品となっている。別居中の妻を殺す動機もわからない。エミがしかばね荘(鹿が跳ねるイラストが描いてある)に行き、五郎が二階のはぎしりの間に泊まりトイレに行った帰り幽霊が出るという耳なりの間という使われていない部屋に間違って入ってしまったことがわかった。たしかに、そこで更科六兵衛と遭遇するのだが、元々しかばね荘の女将が五郎ははぎしりの間にいなかったという証言でアリバイが崩れた訳で、隣の部屋にいたことをわざわざ幽霊に証明してもらわなくても、女将の勘違いということもあると証言すればいいのではないか。そもそも、幽霊抜きに現実の捜査をきちんとやっていれば、すぐに真犯人に辿り着くはずで、何ともややこしい設定にしてしまったものだ。そちらがメインということでやむを得ないのだが。最後に、奥多摩行きのバスのナンバーが5963、ご苦労さんということだったり、タクシーの運転手の生瀬が頭頂部が禿た落ち武者ヘアーにしたりとかの小ネタが満載なのはわかるが、意味不明のものもけっこうあった。


監督:三谷幸喜
出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、中井貴一、小林隆、竹内結子、山本耕史、浅野忠信、草剛

2011年日本映画    上映時間:142分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -