FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
捜査官X
 1917年中国雲南省の小さな村で事件が起きた。それは、二人組が村の両替商に押し入って強盗を働こうとした。青竜刀を振り回す二人組は、両替商夫婦に有り金全てを出せと暴れ、従業員ともども皆殺しにされかかっていた。そこにたまたま居合わせた村の製紙工場で働くジンシーが、助けに入った。そして、一人が誤って死に、二人目も店の裏にある川のなかで死んでしまった。事件を担当する捜査官のシュウは、川の中で死んでいたイェンが指名手配中の凶悪犯であることを突きとめた。そこで、ジンシーは両替商を助け、強盗殺人の指名手配犯を倒したということで、一躍村の英雄となった。しかし、シュウには武道の心得があるイェンを倒したということが、偶然だとは思えなかった。そこで、精密な捜査をするなかで、イェンの両目が充血していたことや片耳が切られていたことに注目し、実はジンシーが二人とも武術で倒したのでは推理する。元々ジンシーはこの村の出身ではなく、10年前にこの村にやって来て、夫がいなくなった子持ちの女性アユーと結婚し製紙工場で働きながら、アユーとの間に男の子もできていた。彼は村中が真面目な好人物と太鼓判を押すほどだ。しかし、シュウの執念深い捜査のなか、ジンシーがかつて故郷の荊州で殺人を犯して10年の刑に服した後、村に流れ着いたという自供を得た。しかも、気の発しかたか、彼の廻りには蠅も寄りつかないということも発見する。そこで、シュウはいきなりジンシーの背後から鎌を振り下ろすが、彼は避けず切られてしまう。謎が深まる中、シュウの同僚から重大な知らせが入った。それは、ジンシーが凶悪な暗殺集団「七十二地刹」のナンバー2ではないかというものだった。彼らは、西夏の末裔で今でも漢族への復讐をしようとしていた。いったんは、村を出たシュウはジンシーの逮捕状をもって再び村に向かう。しかし、そこには、七十二地刹の一隊がジンシーを再び仲間に連れ戻そうと押しかけて、修羅場になった。 漢方の知識もある主人公シュウは、捜査官に成り立ての頃、子どもの容疑者を更正の見込みがあると釈放するのだが、その直後両親とシュウにも毒を盛って、両親を殺した経験を持っていた。こうした人間観と精緻な推理によって、導入部はぐいぐい引き込まれてしまった。一方でカンフーのアクションもあり、サスペンスの要素も不気味な音楽で盛り上げられる。タン・ウェイは「ラスト、コーション」以来だが、こちらの作品の方が素朴な感じがでていてよかった。おもしろかったのは、魚の浮き袋でコンドームの代用にしようという場面があったのが、印象てきだった。全体的に、推理場面や謎解きまではいいのだが、最後の展開はいまいちか。それと金城武のシュウは幽体離脱して、死にかかった自らの肉体を見ていたのだろうか。ちょっと気にかかった。


監督:ピーター・チャン
出演:ドニー・イェン、金城武、タン・ウェイ、ジミー・ウォング、クララ・ウェイ

2011年香港・中国映画   上映時間:115分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30