FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
原子力戦争 Lost Love
 東北の港町に東京から坂田というヤクザがやって来た。それは、この男が、風俗店で働かせていた女性・青葉望が2週間ほど前に実家に帰ってくると行ったきり戻ってこないからだった。坂田は望の実家を訪ねたが、冷たく追い返された。しかし、玄関にあった望の日傘を見逃さなかった。その夜、地元の新聞記者の野上と知り合い、最近近くにある原子力発電所で何か異変があったらしいと知る。しかも、原発の技師が新婚半年というのに海で心中をしたというのだ。翌日、坂田は心中現場に行き発見者から死んだ女性の様子を聞き、望だと確信する。そして、坂田は心中した技師の家を訪ねた。技師の妻明日香は妖艶な雰囲気を持っていて、坂田はたちまち明日香をベッドに誘う。そして、心中した当日の様子を聞き出すと、労組の小林に呼び出されて家を出て行ったという。それを聞いたところに、いきなり警察が踏み込み、坂田を住居不法侵入、婦女暴行の現行犯として逮捕したのだった。それでも、容疑が立件できないと釈放されると、今度は街のヤクザに金をつかまされ駅まで送られ東京に帰るように仕向けられた。しかし、もう一度街に戻った坂田は、翼に紹介された、今は使っていない漁師の家に隠れていることにした。すると、原発労組の小林が自殺したという。さらに、坂田は調べていくと、明日香から夫が持っていた資料を預かるのだった。それを、野上に見てもらうと、明らかに原発で問題が起きていることが判明する。野上は通産省の依頼で現地に来ている、原子力の専門家でもある神山教授に資料を見てもらうが、それを本物とは認めようとはしない。野上は、原発について書こうと思うが宮内支局長から、記事を掲載することはできないと言われ、どうしてもやるのなら覚悟をしろと恫喝される。結局、野上は上からの圧力に屈し「新聞記者を続けたい」とつぶやく。神山教授は通産省や原発側と結託したコメントしかしない。
 予想された内容と出来たての福島第一原発の姿を見るだけのものか。いまいち、突っ込みが足らず、福一原発の正面玄関をアポ無しで強行撮影したドキュメンタリー画面だけが値打ちか。後、大島渚監督作品の常連である佐藤慶、戸浦六宏 や女優陣も懐かしの磯村みどりやまだ初々しかった風吹ジュンもよかったが、唯一ミステリアスな漂いをもった当時世界的なモデルだった山口小夜子はその個性の強さ故に浮いていた。総じて、もっと大胆に突き詰めないと、テーマが原発をどう評価するのかもはっきりしない中途半端なものだという印象しか残らなかった。


監督:黒木和雄
出演:原田芳雄、風吹ジュン、佐藤慶、戸浦六宏、山口小夜子、岡田英次
1978年日本映画   上映時間:106分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30