FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペントハウス
 ニューヨーク、マンハッタンにそびえ立つ「ザ・タワー」という65階建ての超豪華マンションの最上階に暮らすアーサー・ショウは投資家で大富豪だ。このマンションはホテル並のサービスをおこない、しかもノーチップでそれでいて居住する住民のニーズを知り尽くしたサービースをおこなっている。その陣頭指揮を執っているのるのが管理マネージャーのジョシュ・コヴァックスだ。ある日、いつもの出勤時間に現れないショウを心配したコヴァックスは監視カメラでショウがトラックに乗せられるの目撃。追跡すると、FBI捜査官のクレアが指揮しショウを証券詐欺罪で逮捕した。コヴァックスは動揺を隠せない。それというのも、ザ・タワーの従業員たちの年金資金を倍にするというショウに託していたからだった。もっとショックだったのは老ドアマンのレスターは全財産をショウにつぎ込んでいた。あまりのショックに自殺を図ろうとし、すんでのところで助けられた。すると、FBIの家宅捜索をはじめとした捜査でショウの隠し財産が発見されずじまいで、とりあえず公判までFBIの監視つき自宅軟禁措置が執られることになった。コヴァックスは年金資金やレスターの金を返すようショウに迫るが、ショウは損はつきものと言い放ち、自分には金はないというのだ。そこで、ブチ切れたコヴァックスはショウの部屋に置いてある、スティーブ・マックイーンの乗っていたフェラーリの窓をゴルフクラブ叩き割ってしまう。それでコヴァックスのみならず、その場に同行していた二人の従業員ともども即刻クビなってしまう。収まらないコヴァックスにFBI捜査官のクレアが絶対にショウは隠匿した金を持っていると言う。そこで、元証券マンでリーマン・ショックで職を失いザタワーを退去したフィッツヒューや義弟でザタワーのコンシェルジュのチャーリーとエンリケに声をかけ、ショウの隠し金を奪おうと企む。そして、顔見知りで泥棒稼業のスライドの保釈金を払い、彼も巻き込むことになった。コヴァックスの調査でショウの部屋には壁の一部に金庫が運び込まれていることもわかった。後は、鉄壁のセキリュティとFBIの監視をかいくぐって隠し金を奪うかだった。そして、うまい具合に感謝祭の日を使って決行することができた。多くの見物人が出て、その混雑に紛れてうまくいくのか。
 ベン・スティラー は夜の博物館から高級マンションのマネージャー役に、そして久しぶりのエディ・マーフィは相変わらず。いわゆるグランドホテル形式といった様々な宿泊客に焦点をあてるというより、従業員と強欲な投資家との対決というかたちをとっている。しかも、ひょんなところでお宝発見というなかで、その処理がまた見物。何とかハッピーエンドになるというもので、無難な作品となっている。


監督:ブレット・ラトナー
出演:ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、ティア・レオーニ、マイケル・ペーニャ 、ガボレイ・シディベ


2011年米映画   上映時間:104分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。