FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月光ノ仮面
 第2次大戦も終えて2年が経過した頃、顔半分を包帯で巻いた復員兵が東京に帰ってきた。そして神田にある小さな寄席に入り、あろう事かいきなり口座に上がったのだ。慌てる寄席の関係者が数人がかりで外に連れ出すと、有名な落語家森乃家天楽の娘の弥生が通りかかり、その復員兵が落としたお守りを見て許嫁だった森乃家うさぎではないかと言い出す。復員兵は森乃家天楽の家に連れてこられたが、記憶喪失になっていて、何も思い出せない。うさぎは戦死したという知らせもあったが、それが間違いで帰還したという兵隊もいたという例もあって、帰還兵は内弟子数人とともに、天楽の家で暮らし始める。うさぎは出征前には、真打ち直前で人気もあり、森乃家一門を背負って立つ存在と嘱望されていて、弥生とも結婚の約束をしていたのだった。しかし、包帯に隠された顔面と、わずかにつぶやく「粗忽長屋」の一説以外何一つものを言わなかった。ある日、弥生に連れられて近くの神社に行き、そこで出征の際お守りを渡したことを告げられた。すると、その復員兵は弥生を神社の奥に連れ込み、身体を重ねたのだった。天楽の意向で、寄席に慣れた方がいいというので、小さな寄席に出ることになった復員兵は、うさぎではなく森乃家小鮭と名乗って出演することになった。しかし、まともに落語を演ずることもなく夜は赤線通いを始めた小鮭だった。しかし、なじみの女性とは床下に穴を掘る作業を続けていた。そんななる日、もう一人の復員兵が寄席にやって来た。彼は戦闘中の爆発で喉をやられ、声が出ない状態だったが、彼こそが本物の森乃家うさぎだった。実は、彼らは同じ戦地でにいた知り合いで、たまたま同じ左肩に大きな痣があったのだ。本物が返ってきたものの、しゃべれない状態では落語家は無理なので、うさぎは小鮭に継いでもらい、自分は弥生と結婚したいと手紙に綴り、天楽のもとに持ってきた。天楽はそれを了承し、森乃家一門会を開催して、うさぎの再デビューをはかろうということになった。晴れて、うさぎの口座になった時、彼はいきなり機関銃を取り出し、最初は口で銃声をまねるが、その内に実弾を発射して、全ての観衆を撃ち殺してしまう。 前作の「板尾創路の脱獄王」を見て、期待して見に行ったが、がっかりだった。何度もあくびはでるは、ドクター中松が突如現れて、タイムトラベラーとか言い出す辺りでこりゃ駄目だと思った。そもそも、落語の「粗忽長屋」という死んだかどうか自覚できず、自らの死体だと思い込むという内容を踏まえ、自らの死を自覚できないままに、その確認に現世に現れたということと解釈するのがいいのだろうか。題名の月光ということでキーワードとして「女は月の魔力に左右される」「穴の中には月の光は届かない」「目は口ほどにものを言う」ということが書かれている。確かに石原さとみ演じる弥生は連日の満月に二人の男の間で揺れる想いが描かれていたが、月の光をさえぎるための穴というのは意味不明だ。総じて、色調を落として、現世をどちらから見るのかということを表現したかったのかとも感じた。それにしても、戦争中の板尾の演じた兵隊の小銃の撃ち方の様になっていないのが目立った。それと、寄席の客たちの笑いすぎの場面は、現在の吉本の芸人が笑えない舞台に無理に笑い声を入れているテレビを彷彿し興ざめだった。総じて、シュールで哲学的な趣を仕込んだ作品にしたかったのだろうがつまらないの一言ですまされよう。あくび百連発。最後の「キーハンター」のテーマ曲は何なんだ。


監督:板尾創路
出演:板尾創路、浅野忠信、石原さとみ、前田吟、國村隼、六角精児、根岸李衣

2011年日本映画   上映時間:102分
スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。