FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
日本暗殺秘録
 もう40年以上も前の作品を再び見たが、かすかに覚えているシーンもあった。それは、桜田門外の変から始まって大久保利通暗殺事件、大隈重信爆弾投擲事件、星亨暗殺事件、安田善次郎暗殺事件、ギロチン社事件までそのクライマックス部分を中心にオムニバスで描く。そして、中心となる血盟団事件の小沼正にスポットを当てる。彼は血盟団の首謀者井上日召の下、腐敗した政官財の権力者を「一人一殺」を目標に井上準之助元蔵相を拳銃で殺害した。物語は小沼の裁判で、小沼の生き様が明らかにされる。小学生の頃は学業優秀だったが、父の死で進学を諦め東京に働きに出るが、脚気で郷里の茨城に戻った。しばらくして、再び東京のカステラ工場に就職した。大正天皇即位にむけ、新工場を建設するが地元の所轄署の警察が営業許可をなかなか出してくれず、結局即位を当て込んだ売り出しに間に合わず、倒産に追い込まれてしまった。小沼は結核を患い、再び郷里へ戻った。そして、同病で仲よくなった民子も亡くなり、絶望した小沼は自殺しようと海に入水するが、死ねずに海岸に打ち上げられた小沼は、以前一度だけ聞いた井上のお題目をあげていた。再び、大洗にある井上の家を訪ね、彼の弟子となった。井上のところには、海軍士官や教師など、現在の日本の状況を憂い国家改造を目論んでいた。いわゆる「昭和維新」の先駆けとなって決起しようとしていた。当初、陸軍の桜会と連携していたが、彼らは単に自らが権力を握りたいだけということがわかり、決別した。さらに、井上の下で中心的な存在だった海軍の藤井が戦死してしまい、小沼は井上の命を受け井上元蔵相暗殺を決行した。その後、陸軍省で統制派の永田鉄山軍務局長を皇道派の相沢中佐が暗殺した。続いて、今度は皇道派の青年将校が率いる1400名余の兵で、2.26事件が起きた。政府中枢の要人を殺傷し、そのまま占拠していたが、天皇の奉勅命令によって、兵は原隊へ戻り、磯部ら青年将校は逮捕された。後陸軍刑務所内で磯部は獄中日記を書き、天皇に対しても意見を書いている。
 東映オールスターの映画だが、1969年の製作ということで多分に、当時の学生運動を意識していると思う。ただ、メインの血盟団事件も含めて、格差、貧困といった民衆の生活をもう少し丁寧に描けなかったものかと思ってしまった。小沼も含め本当に上っ面だけを描き、余計なシーンもけっこうあったと思う。ただ、女優陣は藤純子を筆頭に桜町弘子や賀川雪絵、橘ますみなどがしっかり脇を固めていて、よかった。ただ、当時の東映は任侠映画路線でそちらで慣れた役者が「かたぎ」を演じてもしっくりいかないという場面もあった。ただ、井上日召役の片岡知恵蔵はさすが、眼光鋭く、目だけでもしっかり芝居ができていると思った。


監督:中島貞夫
出演:片岡千恵蔵、千葉真一、田宮二郎、若山富三郎、菅原文太、藤純子、鶴田浩二、高倉健


1969年日本映画    上映時間:142
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -