FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
リリィシュシュのすべて
 いじめによる自殺が、昨年来また顕在化してきた。それで、「教室の悪魔」「君を守りたい」等の本を読み、現況に驚いた。そんな折ラジオで、首都大学東京の宮台真司がいじめに関わる映画が今年は何本か封切られると言っていた。それまでに、岩井俊二監督の「リリィシュシュのすべて」も見るべきだとも言っていた。「リリィシュシュのすべて」なら、まだ観てはいないが、探せば家にあったはずと思い、見つけ出してさっそく観ることにした。
 栃木県の郊外に住む蓮見雄一は中学2年生。床屋をしている母と二人暮らしだが、離婚して子どもが一人いる男と再婚しようというところだが、すでに妊娠していた。そんな、雄一は学校に行っても勉強にも部活の剣道にも身が入らない。それというのも、学校には星野修介というかつて中学入学当時一緒に剣道部に入った同級生がいて、いじめをはじめとした悪行を指示するボスがいるからだった。雄一は、夜彼らのたまり場に呼び出され自転車を壊され、裸にさせられ皆の前で自慰を強制されたり、何人かでCDショップから万引きもさせられたりしていた。しかし、星野は最初はむしろおとなしく、小学生の頃はいじめられていたのだ。そんな彼が、一年生の夏休み前、剣道部の同級生の雄一たちと沖縄に行きたいと話をしていて、偶然遭遇した他の中学生の集団が恐喝をして100万円ほどの大金を手にしたのを奪い取ってしまった。その金で仲間とともに、西表島に行って遊んでいたのだが、星野は海で溺れてしまった。2学期の始まった日、これまで、教室のなかで一番威張っていた生徒をイスで殴り倒し、ナイフをちらつかせ放課後には泥田に裸で犬かきのまねをさせた星野。すっかり力をもった星野はその日から、他の生徒の上に君臨する。津田詩織という女子生徒には、弱みにつけ込み「援交」という名の「売春」を強制する。ある日、詩織の「売春」後、星野への上納金を巻き上げた後、家が近いということで雄一に送っていってやれという同級生の言葉に従い、一緒に帰ることに。詩織は田んぼのあぜ道で、ポケットから3万円を道に捨て足で踏みつけ、ふいに川に入って行った。自殺衝動に駆られたものの、濡れて汚れた姿で帰宅する詩織。無言で家までついていった雄一。さらには、雄一がひそかに思いを寄せている久野陽子は、つっぱり女子生徒たちからは目の敵され、雄一が呼び出しに使われ、星野の実家の倒産した織物工場で男子生徒数人にレイプされてしまう。そんな彼らは、ある共通項があった。それは、リリィシュシュという歌手のファンで、携帯プレーヤで彼女の曲を聴き癒されていたのだ。雄一もフィリアというハンドルネームでWEBにリリィシュシュのファンサイトを立ちあげ、「青猫」に励まされるのだった。しかし、リリィシュシュのコンサート会場で、これまでの日常から逃れるための出来事が起こる。
 いじめの場面は衝撃的だったが、これも現在では現実に起きている。さらに映画「カナリヤ」では小学生の女の子が「タッチは別料金、見るだけやで」と老人から金をもらうシーンがあったが、「リリィ」では中学生の「売春」、レイプといった場面が出てくる。前述の本にもあるように、これもまた実際に起きている。そうした意味で、中学でのいじめの現状を否応なく追認させられてしまう。また、この作品でネットでの書き込みが重要な位置を占めているが、そこで使われているハンドルネームが誰なのかということも、大きな意味を持っている。また、「少年のバスジャック」事件についても触れられており、少年たちの不安定な心情を描いている。彼らはヘッドホンで耳を覆い、PCの画面上に打ち込む言葉を目で追う、そうした中で孤立し、そうしたなかでの不安と虚無感から他にいじめの標的を求めてしまうのだろうか。

監督:岩井俊二  
出演:市原隼人、忍成修吾、伊藤歩、蒼井優
2001年日本映画  上映時間146分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -