FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
ミッション: 8ミニッツ
 アフガンに派遣されていた米空軍のパイロットスティーヴンス大尉は、いきなりアメリカ本土の朝の通勤列車に乗っていた。連れの女性クリスティーナからショーンと呼ばれ、びっくりする。そこで、トイレに入り鏡を見ると自分とは違う顔が写っている。あわてて、財布の身分証をみるとショーンの写真が貼ってあり教員だとわかる。そして駅で停車し次は終点のシカゴだということがわかるが、シカゴに到着する直前に列車は大爆発を起こすのだった。目を覚ましたスティーヴンスは何かのカプセルに身体を固定されている。モニターからグッドウィン大尉という女性が話しかけてくる。彼女はこの空間を「包囲された城」と呼びスティーヴンスに列車爆発について質問する。状況がよくわからないスティーヴンスは逆にグッドウィンに何が起きているかを質問する。すると今日の朝7時48分にシカゴ行き列車が爆発したことは事実で、この後もシカゴを爆破すると予告しており、これを阻止するためにも犯人を特定しなければならないというのだ。そして、何度も列車にショーンとして戻るのだった。これはソースコード”というラトレッジ博士が開発中の極秘実験によるミッションだというのだ。量子力学によると、脳は死の直前の8分間の記憶が死んだ後も残っていて、その記憶にソースコードとして入り込むことにより、最後の8分間に入りこめるということらしい。しかし、列車に乗っていた人々は全て死んでしまうのだが、スティーヴンス自身も軍の発表ではすでに2ヶ月前に戦死しているという。そうしたこともわかってくるが、スティーヴンスはひたすら8分間の世界に入り込んでいき、遂に爆弾犯を突きとめグッドウィンに報告する。すると、現実世界ではすぐに爆弾犯を指名手配し、逮捕することができた。しかし、スティーヴンスはグッドウィンに最後にもう一度列車にもどして欲しいと言うのだった。 前作「月に囚われた男」もなかなか印象深い作品だったが、ダンカン・ジョーンズ監督の2作目の本作もなかなかおもしろい。8分間に入り込む度に何が起こるかをあらかじめ知っている存在がいることにより、ちょっとした対応の違いによっt、そのリアクションもどんどん変わっていく。最初はどうせ皆死んでしまうのだから、多少の変化は想定内だと思っていた。それでも、案外と簡単に犯人にたどり着くことができたと思った。ラストは、時折りスティーヴンスの見た記憶の断片に出てきたシカゴ駅のモニュメントが重要な地点となる。それと、8分間で起きたことは現実を変えないといわれていたが、携帯メールから、パラレルワールドへとねじれてしまったのか。それでも、ハッピーエンドということで目出度しめでたしというところか。

監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト

2011年米映画  上映時間:93分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30