FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
探偵はBARにいる
 札幌の薄野にあるKELLER OHATAというBARにいる探偵にある依頼があった。それは、北海道日報の記者松尾からのもので、彼がゲイで男友達とホテルで会っている写真データのSDカードを暴力団から取り返して欲しいというものだった。探偵には北海道大学農学部研究助手の高田が運転手兼ボディーガードをしていた。彼は空手の師範しており、強い味方だった。そんな仕事をこなし、すすきので伸びてきた霧島グループのパーティに松尾と合流し、謝礼を受けたっと探偵と松田。その直後、霧島は拉致されそうになった少女を助けようとして、逆に犯行グループに殺されてしまった。それから一年後、BARにいた探偵に近藤京子と名乗る女性から依頼があった。それは、南という弁護士に「去年の2月5日、カトウはどこにいたか」と聞いて欲しいというものだった。南は元検事の弁護士で大手の企業の顧問弁護士をしていた。探偵は害虫駆除会社のオーナーを名乗り顧問弁護士になって欲しいと依頼するが、断られてしまう。しかし、「カトウ」の話をすると顔色が変わり、その直後探偵は拉致されてしまう。そして、雪の原野に掘られた穴に落とされ、ブルトーザーで雪に埋められてしまった。それでも何とか脱出することができた。そして、調べを進めた探偵は近藤京子がすすきのの皆楽会館というビルが地上げにあい、放火されその一室で亡くなったのが近藤京子であることを突きとめた。しかもこの地上げと放火に絡んだのが花岡組であり、雪に埋めたのも彼らであることをつかむ。さらに、近藤京子は亡くなった霧島別れた妻との娘であることもわかる。そして、再婚した霧島の妻沙織は彼の残した店のママとして探偵に会うのだった。やがて、一連の事件が花岡組を使った関西裏社会の銀漢興産の岩淵が絡んでいたことがわかる。岩淵と霧島はかつて学生運動に関わり、岩淵の讒言で姿を隠さざるを得なかった霧島が京子と妻のもとを去って行かざるをえなかったのだ。こうしてなか、事件は悲しい結末を迎える。
札幌が舞台といえば、数年前「笑う警官」があったが、こちらはBARにいる探偵が主人公というもの。飄々とした大泉洋がなかなか好演している。また、探偵といえばかつて松田優作が「探偵物語」でコミカルだけどハードボイルドな味を出していたが、息子の松田龍平も存在感を示していた。ただ、前半では一応事故などを装っているが、後半はいきなりピストルを撃つなど荒っぽさが目立った。それはそれで、ハードボイルドにするのならいいだけどという思いがした。なかなか面白いだけに、もうひと工夫欲しい。


監督:橋本一
出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、高嶋政伸、竹下景子、石橋蓮司
2011年日本映画   上映時間:125分
スポンサーサイト



テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -