FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
しあわせの雨傘
 1970年代のフランスの地方都市。毎日ジョギングを日課にしているスザンヌは、時折り孫とも遊ぶ生活をしていた。それというのも、スザンヌの父が創設した雨傘工場を婿のロベールが社長として君臨していたからだった。しかし、会社内で社員たちからは、待遇改善などの要求を突きつけられていた。たまたま持病の心臓病の薬を飲み忘れていた日、労働組合に強制的に交渉の場に着かされたロベール。なかなか解放されない状況に、スザンヌは現在は市長になった労働組合出身のババンに助けを求めた。かつて、スザンヌはババンとちょっとしたきっかけで浮気をしたことがあったのだ。ババンの手助けもあって、ロベールは解放されたが心臓発作で入院を余儀なくされた。そのため、スザンヌが社長となることになった。そこでスザンヌは娘のジョエルと息子のローランにも手伝ってもらうことにした。会社内には父親の代から働いているスザンヌとも顔見知りの人々も多く、待遇の改善も約束し順調な船出となった。なかでも、ローランは新しいデザインや画期的な色使いで次々に新製品を発表し売れ行きも好調だった。こうした会社経営に手腕を発揮するスザンヌにかつてロベールの愛人であった秘書のナデージュもすっかりスザンヌの一番の部下となっていた。一方、ババンはスザンヌをデートに誘った。彼は現在も独身でずっと、スザンヌのことを想い続けていた。しかも、息子のローランがもしかして自分の子ではないかと思っていた。すると、スザンヌの口から思いがけないことを言われた。体調がよくなったロベールは再び社長に返り咲きたいというが、業績もあがり今さら交代と言われてもというスザンヌとローラン。すると、ロベールはあくどい手口を使って社長の座を奪回する。すると、かつて娘から飾り壺と称されたスザンヌだったが、社会進出して自立することに目覚め、国会議員に立候補する。対立候補はババンだったが、見事当選を果たすことができた。 
 雨傘とカトリーヌ・ドヌーヴと言えば「シェルブールの雨傘」につきる。かつての可憐でスレンダーな彼女からはほど遠いジャージ姿のジョギングシーンはやはり年齢を重ねてきたという印象は否めない。それでも、同年代の女性とは格段に違うこともまた事実だ。ストーリーは70年代を舞台にした夫婦相互の不倫というか浮気を背景にしたものだが、ようやく女性にの社会進出をからめているものだ。


監督:フランソワ・オゾン
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール
2010年仏映画   上映時間:103分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -