FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
乱暴と待機
 とある郊外の平屋の文化住宅が数件建っている空き家に若い夫婦が引っ越してきた。夫の番上は無職で求職活動中。妻のあずさは現在妊娠中にもかかわらずスナックで働いている。番上が近所に引っ越しの挨拶をして回っていて、奈々瀬という若い女性に出会った。奈々瀬は読経中でグレーのスウェットを身につけていた。彼女は他人から嫌われることを極度に恐れ、他人の主張に抗しきれない性格をしていた。そんな彼女は番上とのやりとりのなかで、我慢していたのか失禁してしまう。奈々瀬は兄と暮らしているという。そんな話に興味をもったあずさが奈々瀬の家を訪ねてびっくりする。実は二人は高校の同級生で、あずさには大変な恨みがあった。奈々瀬の言うお兄ちゃんとは山根という男で彼もまた奈々瀬に恨みを持っていいて、復讐のため半ば軟禁状態で奈々瀬と生活していることがわかった。それでも、あずさは奈々瀬にすぐに出て行けと言いつのり、その日から窓ガラスを割ったり、自転車を家の中に投げ入れたりし続けていた。山根は趣味のカセットテープの音楽を聞くためヘッドホンを耳に当ててばかりいた。そして、二段ベッドの上に寝て、奈々瀬への復讐について語るのだった。そんな状況の中就活も適当な番上は、ある日奈々瀬を誘って川に遊びに来ていた。そこで、隙を見て奈々瀬にキスを迫り、断れない性格を利用する。その後、奈々瀬の家にも入り込み強引に奈々瀬に関係をせまるのだった。ある日、早く帰宅した山根は二人の姿を目撃するが、すぐに天井裏に忍びこむのだった。彼は以前から、マラソンに行くと言いつつ、天井から奈々瀬の様子を盗み見していたのだ。番上と奈々瀬の濡れ場をしっかり見入る山根。しかし、二人の関係はあずさにも見られてしまい、怒ったあずさはその場で破水してしまう。そして包丁を手に番上に迫るが、天井から山根の声で「止めろ」と言いながら、天井の梁が崩れて山根が上から宙づりになってしまう。そのことが原因で、番上たちは別れ、あずさが生まれた子を一人でスナックをやりながら育てていた。そこに、山根がふらりと帰ってきた。番上は奈々瀬と暮らしていた。そして、山根の恨みの原因があきらかになるのだった。
 本谷有希子原作の戯曲、小説の映画化作品。映画も「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」に続く2作目。この前作に登場した永作博美演ずる待子と奈々瀬の性格が共通しているように思った。他人の思惑を気にして、嫌われまいという過剰な対応は時に神経を逆なでする程いらだたせる。一方怠惰で性的にもだらしなくかつ狡猾な番上役をこのところ3枚目もこなしている山田孝之が好演している。妻役の小池栄子もはまり役。奈々瀬にはひいて見てしまうが、注目してしまう。浅野忠信の話し方もぶっきらぼうでおかしい。でも、全体的に音が小さすぎてちゃんと聞き取れなかった。全体としては「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の方がよかった。


監督:冨永昌敬
出演:浅野忠信 、美波、小池栄子、山田孝之
2010年日本映画   上映時間:97分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -