FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
k-19 The Widowmaker
 1960年代初頭米ソ冷戦はキューバ危機をはじめかなり緊迫した状況であった。そのため、宇宙への有人飛行では、ソ連のガガーリンが最初に成功した。一方の核戦略ではミサイル攻撃を双方が準備し、ソ連でも原子力潜水艦にミサイルを配備し米への攻撃に備えていた。こうしたなか、k-19と呼ばれる原子力潜水艦が1961年正式に航行することになった。当初ミハイル・ポレーニンが艦長として航行準備を進めていたが、就航前におこなった訓練の結果は思わしくなかった。そのため、ソ連海軍の上層部は急遽艦長をアレクセイ・ボストリコフ大佐に交代させ、ポレーニンを副長とした。ボストリコフ艦長が就任し艦を視察し、原子炉担当士官が酔っていたので、交代を命じた。しかし、ポレーニンは原子炉に関しては一番精通した士官なので交代は見合わせて欲しいと頼むが却下されてしまった。さらに、出航直前に船医も事故で亡くなり交代してしまう。乗り組み員の間では、そもそもこの艦の製造過程でも10人もの事故死があったことに不安を覚えていた。原子炉担当士官のラドチェンコは訓練を終えたばかりの若者だった。何とか出航したK-19 は毎日あらゆる場面を想定しての訓練が開始され、当初目標にしていた北極海からのミサイル発射実験に成功した。喜び合うクルーたち。モスクワもこの報告に満足していた。そこで、さらに米本土に近づこうとしていた。ところが、艦の原子炉に異常が見つかった。原子炉の中の温度が異常に上がっていた。これは原子炉冷却材システムのトラブルで、冷却水漏れ事故だった。そのまま放置すれば炉心溶融にまで陥いり、核ミサイルをもっている艦が爆発し、ソ連によるアメリカへの攻撃と見なされ、大量の報復措置が発動されることになる。しかしK-19の通信機器も故障しており、モスクワとの交信もままならなかった。そこで、原子炉担当者による応急処置をおこなうことになった。しかし、原子炉内部は高濃度の放射線が出ており、そこでの作業は10分が限度とされた。しかも、防護服の準備もなく単なるレインコート程の装備しかなかった。それでも、最初に二人が修理に向かった。水の漏れている部分の溶接をおこなうが、内部の放射線量は4500ミリシーベルトという高いものだった。そのため、出てきた二人は、意識は朦朧とし嘔吐を繰り返していた。それでも、次の二人が行くことになっていたが、ラドチェンコは怖じ気づき中に入れなかった。そこで、替わりにベテランのチーフが中に入っていった。そこで、何とか冷却水が注入されることになった。やっと、一段落し、浮上すると遠くに米の駆逐艦が航行し上空にはヘリコプターが旋回していた。そして、米艦から救助の要請があれば応じるというものだった。しかし、ボストリコフ艦長は応じようとしない。動揺するクルーの一部は米への救助を求めた方がいいのではという者もいた。そこに再び、炉心の温度が上昇した。もう一度修理しなくてはならないくなり、ラドチェンコが単身中に入り修理をはじめた。そして、そのことに気づいたボストリコフ艦長は原子炉から出てきたラドチェンコを救出した。長時間の作業のため、出てきたラドチェンコは目が見えなくなっていた。そこにソ連の潜水艦が救助に現れたのだった。
 東北関東大震災によってもたらされた福島第一原発事故で起きている状況は複数あるものの、基本的には冷却がポイントになっている。映画で描かれたのも事実に基づいているのだが、冷却がポイントになっている。ただ、原潜では軍隊ということで任務ということで、犠牲を前提に作業がおこなわれた。しかし、現在の福島での状況を見るにつけ、一番危険な箇所での作業は東電の社員ではなく、協力会社といわれる「下請け」の会社の人間におこなせているのが現状だ。それでは、これまで「安心・安全」を標榜しクリーンエネルギーとまでいって原発を稼働させていた東電の責任はどこで果たすのだろうか。何とか収束をして欲しいと思っているのだが、今のところ先は見えない。「念のため」だとか「直ちに」といった逆に不安を煽るような言葉を使わず、きちんとした情報開示こそが求められている。そういう意味でこの映画は、リーダーシップも含め現状をみる上で参考になると思った。ちなみに、この映画の監督は元ジェームス・キャメロン監督の妻で、昨年「ハート・ロッカー」でアカデミー監督賞をとったキャスリン・アン・ビグローだ。


監督:キャスリン・ビグロー
出演:ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン、ピーター・サースガード、クリスチャン・カマルゴ
2002年米英独加映画  上映時間:138分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -