FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
ボローニャの夕暮れ
 1938年第二次大戦直前、イタリアのボローニャで暮らした一家の物語。父のミケーレは高校の美術教師、父と同じ高校に通う17歳の一人娘ジョヴァンナは引っ込み思案で、なかなかボーイフレンドができない。そんな娘に、細かくアドバイスするする父。しかし、母デリアとはあまり気が合わない娘。すると、ジョヴァンナに初めてボーイフレンドができた。その彼は落第ぎりぎりで、ミケーレが決定権を握っていた。そうしたなか、ジョヴァンナと仲の良かった女性徒が体育館で刺殺死体で発見された。この事件を担当したのは、ミケーレの親友で向かいの部屋に住んでいるセルジョだった。彼は、容疑者としてジョヴァンナを逮捕する。裁判では、反省をしていないジョヴァンナが心神耗弱で、精神病院に送られることになった。被害者の伯父はファシスト党の議員をしている大物で激怒していた。この事件で、ミケーレは失職し、戦争も始まり、単身でジョヴァンナの病院の近くに部屋を借り面会に精を出していた。しかし、母デリアは一度も面会に訪れなかった。やがて戦火はボローニャにも及び、セルジョの妻は爆撃で亡くなった。元来、デリアは社交的でダンスも上手なのだが、父娘はダンスは苦手で引っ込み思案だった。そんなこともあって、精神的に病んでいったジョヴァンナ。さらにその一因とも思われたのは、母とセルジョとの仲を疑っていたからだった。それもありミケーレはデリアと別れてしまった。戦後、退院したジョヴァンナとボローニャに戻ったミケーレは久しぶりにデリアと再会した。
 第二次大戦中、ファシスト党支配下のイタリアは映画「特別な一日」で描かれていた。こうした戦時下の状況があまり描かれていない。さらに映画「特攻大戦線」では、ムッソリーニはパルチザンに銃殺された様子が描かれていた。この作品でもファシスト党員だったセルジョも戦後すぐに他の党員たちとともに銃殺される場面もあった。しかし、戦争との関わりがあまりでてこない。さらに人間関係で言っても、父と娘に関しては、当初いくら娘が奥手とは言え、あんな男を薦めるのは理解できない。さらに、デリアに関しては思わせぶりにセルジョへの視線が画面に出てくるだけだ。そして、戦後退院したジョヴァンナが被害者の母親のもとを訪ねたものの結局、自らの思いも伝えられず、最後にまた一家3人の生活がはじまるところで終わるという。なんだか、どれもこれも中途半端で消化不良のイライラ感が残る作品。

監督:プピ・アヴァティ
出演:シルヴィオ・オルランド、フランチェスカ・ネリ、アルバ・ロルヴァケル
2008年伊映画    上映時間。104分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -